ここから本文です

ビリー・バスゲイト (1991)

BILLY BATHGATE

監督
ロバート・ベントン
  • みたいムービー 24
  • みたログ 406

2.00 / 評価:149件

何が言いたいかさっぱりわからん。

  • beagle さん
  • 2012年12月4日 15時29分
  • 閲覧数 538
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

実在のギャングであるダッチ(ダスティン・ホフマン)を第三者の目から描いた映画だが、パッとしない。
前半はビリーがギャングの一員になるまでの過程、
中盤はドリューへの恋愛感、
後半はダッチの最後??

正直、終わった後に何が言いたいかさっぱり分からない。
ダッチの晩年を描くのであればビリーとドリューの男女関係に時間をかけ過ぎだし、ダッチがただの我儘おっさんにしか映らず、一代でのし上がった凄さは全く伝わって来ない。

ブルース・ウィリスやブシェミが若いのはある意味新鮮だったが、この出演者でこの内容はひどい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ