ここから本文です

ビリディアナ (1960)

VIRIDIANA

監督
ルイス・ブニュエル
  • みたいムービー 29
  • みたログ 86

4.09 / 評価:45件

偽善を暴く

  • gtk***** さん
  • 2016年6月22日 22時46分
  • 閲覧数 809
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

面白かったです。

叔父さんが自殺したことへの贖罪か、そこらへんの浮浪者に慈悲をかけまくるビリディアナ。かけられた恩も知らずに最後の晩餐よろしくドンチャン騒ぎの浮浪者達。挙句、暴行・レイプに及ぶというこの破廉恥さ。凄く面白かったなあ。

自分ももの凄く偽善的な人間だったので、他人に便宜を図ってやったり金を貸してやったりと色んな慈悲を振りまいてきたクチなんですが、金が返ってこなかったり、便宜を図ってやった人間が良いポジションに付いたりでもしたら、歯ぎしりしてムカついたりした過去があるので、身につまされるような作品でありました。
善行振りまいてるときは本気で善意でやってると思ってるのがポイントなんだよね。 ほんとは良いポジションから慈悲を与えて悦に入ってるか、良い人と思われる事で自分の立場をよくしようという利己主義なんだけどね。本人が偽善と気付いていないところが面白いと思いました。

まあでも、あんな薄汚い浮浪者みたいな人間嫌いだな。
今でもビリディアナみたいな人が好き。

そこに優しさではなく弱さを見るという薄汚い人間になったからだろうな。
安心感がある。
男だったらカモやね。

この映画を面白いと思った人は薄汚い人間かもしれません。
逆に憤慨したりする人は偽善者かも分かりません。

そんな絶望的な人間のお話です。
興味を持たれたら是非。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 絶望的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ