ここから本文です

昼顔 (1967)

BELLE DE JOUR

監督
ルイス・ブニュエル
  • みたいムービー 88
  • みたログ 686

3.57 / 評価:236件

ここはフランス映画「昼顔」のレビューです

  • pin***** さん
  • 2018年8月6日 18時54分
  • 閲覧数 1277
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

間違って邦画の「昼顔」の感想を投稿した人は、速やかにそちらへ移動させましょう。

ここからが本題。
本作は目で楽しむ映画ですね、解釈はひとまず横に置いて。
ベルイマンならシャープさに包まれたドロドロを、フェリーニなら混沌とした猥雑さを目で楽しむように、本作の目で楽しむポイントはエレガントさ。
撮影:「去年マリエンバートで」「24時間の情事」でアラン・レネと組んだサッシャ・ヴィエルニ
衣装:イブ・サン=ローラン
出演:ドヌーブとミッシェル・ピコリは同年公開の「ロシュフォールの恋人たち」でも共演
これをスペイン生まれで後にメキシコに帰化するルイス・ブニュエルが「これぞフランス映画」という風に仕上げます。
風景・馬車・その他小道具に至るまでエレガントです。

妄想について言えば、本作は男性監督が想像した女性の妄想。
女性監督が、女性の過激な妄想(というか本音?)をバシバシ映画化している昨今。
今の時代に本作を観ると、(ささやかすぎて)ほほえましさすら感じるのは私だけ?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ