ピンクの豹

THE PINK PANTHER

125
ピンクの豹
3.3

/ 58

9%
28%
52%
9%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • 更生施設勤務柳澤

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘勤務の柳澤明美は、入居者間で嫌がらせが起こると双方の言い分を聞かずに「書類上」軽度の記述がある者の言い分のみ鵜呑みにし、施設内で嫌がらせや虐めが起こると 施設内で嫌がらせや虐めが行われている事は承知しながらも対処したくないばかりに「ないもの」と決めつけて嫌がらせの結果入居者が感情的になってしまった際「チラリ」とも「嫌がらせの結果かもしれない」という発想にはならず(偏見から)警察を呼び経緯を正確に説明しない。 又、「そもそも経緯を正確に理解していない(部屋内での嫌がらせは把握していない)」当然正確に理解していないものは、正確に説明する事が出来ず 事実とは異なる説明を警察に対して行う。 このような間違った対処をして就労間近だった入居者(かつての)を数年に渡って引きこもり状態に追い込む程の精神的苦痛を与えた上で謝罪さえしない「本物の鬼畜」

  • スーザン

    3.0

    飽きさせないドタバタが良かった。

    ピンクパンサーシリーズの1作目。 この時の主役はデヴィッド・ニーヴン扮する怪盗ファントム。 そしてクラウディア・カルディナーレ(可愛い!)演じる王女様とのロマンス。 ピーター・セラーズのクルーゾー警部は脇役のお笑い担当の位置であった。 なのにどう考えてもクルーゾーのドタバタが面白い! シリーズ化されたわけだ。 お気に入りはホテルの部屋にいるキャプシーヌ(綺麗!)が入れ代わり立ち代わり訪ねてくる男三人を相手にてんやわんやするシーン。 目まぐるしいドタバタが笑えます。

  • arl********

    4.0

    のんきで楽しい

    のんきで楽しい傑作です。登場人物がみな活き活きしている。 クラウディア・カルディナーレが可愛い。クルーゾー警部もなにもいいところのない散々な役どころかと思いきや、最後がびっくり。

  • abu********

    3.0

    上品なドリフ

    一言で言うと「上品なドリフ」ですよね。 ピーター・セラーズが度々コケたりどこかに ぶつかったりするんですけど、あまりに 古典的なのでなんだか時の流れを感じてしまいました。 でも後半の仮面舞踏会はとっても面白い。 とくにシマウマが愉快です。花火でドンパチ、 ゴリラ同士の珍プレイ、及び女王様のチャーミングさ。

  • oce********

    4.0

    クルーゾー警部のドタバタ推理

    お馴染みの音楽と共に始まるピンクのウサギのアニメーション。 何作もシリーズ化されたピンクパンサーだがこれは1作目であり、主役はクルーゾー警部じゃないことの方がびっくりする。 ちなみに主役はピンクパンサーを強奪しようと狙う怪盗ファントムの方。 いかにクルーゾー警部を出し抜くかということに焦点があてられており、クルーゾーの行く先々のドタバタぶりはそのまんま(笑) デヴィッド・ニーヴンは確かに巧いのだが、このシリーズはやはりクルーゾーの勘違いから笑いは生まれている。よって演じたピーター・セラーズが嵌っているとしかいいようがない。 後のシリーズ化も納得のキャラだ。

  • gar********

    4.0

    ユーモラスな名曲にのって

    ダーラ王女(クラウディア・カルディナーレ)が所有する宝石“ピンクの豹をめぐって怪盗ファントム(デヴィッド・ニーブン)とクルーゾー警部(ピーター・セラーズ)が、繰り広げるドタバタを描いたお洒落コメディー。 この映画といえば、ヘンリー・マンシーニのテーマ曲。サックスの意味ありげなメロディが何ともいえないユーモラスでスタイリッシュな名曲です。日本では、ドリフターズが『八時だよ全員集合』の泥棒コントでおなじみですね。最近テレビで見たので、ふとこの映画が見てみたくなりました。 まず、何よりこの映画の魅力はキャスト陣。私は、クルーゾー警部のピーター・セラーズ(洒落にならないドジぶり)も良いが、断然ファントムを演じたデヴィッド・ニーブンを押します。とにかくこの方渋くて素敵です。でも、それだけなら特におもしろくも何ともないですが、この人の魅力はトボけた振る舞いやおマヌケな行動をしても下品にならず上品さを決して失わない所です。その魅力が特に出ているのが、クルーゾーの留守中にクルーゾーの妻でファントムの愛人兼協力者のシモーヌ(素晴らしい美人、キャプシーヌ!)の部屋に忍び込むが、クルーゾーが戻ったりしてベットの隠れたりする羽目になるシーン。まさに寝室コントともいえるズッコケたシーンですが、それでもそのずっこけぶりに何ともいえない上品さと憎めない愛らしさを感じます。特に雪の中から出てきた時の「こんばんわ」には、微笑ましさえ感じます。泥棒ですが、何とも憎めない魅力的な紳士です。こんな泥棒なら宝石の一つや二つあげてもいいかな~と思えます。持ってませんが… そして、この手の映画に欠かせないのが美人。この作品では、王女を演じたクラウディア・カルディナーレとクルーゾー夫人シモーヌのキャプシーヌです。カルディナーレといえば『山猫』のアンジェリカ。けたたましい笑い声と舞踏会での素晴らしいドレス姿が印象的です。ここでは、エキゾチックで、猫を連想するような目が印象的です。特にファントムとお酒を飲んでシャンペンに酔ってしまうシーンは、その魅力が良く出ていました。キャプシーヌに関しては、とにかく凄い。何が凄いかと言えば、あんな凄い美人がこれでもかとお笑いに挑戦する所です。スキーで転んで顔から雪に突っ込むのは朝飯前、夫を誤魔化そうとしてベットに誘うが、色々苦労させられたりする所などを見ていると、この人は、顔だけではない演技の面でも光るものを持っているのだと思いました。あまり映画界では、活躍できる作品に恵まれなかったそうですがそれが惜しまれる人だと思います。 ユーモラスな名曲にのって繰り広げられる何とも楽しいコメディー。 <本物の英国紳士・デヴィッド・ニーブン> 雪の中から出てきても様になるデヴィッド・ニーブン。彼はロンドン育ちパブリックスクール卒のまさに英国紳士です。また、イギリス軍人のエリートコースサンドハースト士官学校を卒業し、第二次世界大戦で手柄を立て勲章まで貰った戦争の英雄でもあったそうです。私生活でも品行方正スキャンダルとは無縁のこの人は、まさに紳士と呼ぶにふさわしい人でもありました。

  • じゅんさん

    4.0

    ネタバレロマンチック・ドタバタ・コメディ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • myt********

    4.0

    ヘンリー・マンシーニ

    この映画のサントラ盤は名盤中の名盤。 うちにLPレコードがありますが、サントラ盤とは思えないぐらいに一曲一曲が素晴らしいメロディで、1960年代のアーバンでロマンチックでジャジーな雰囲気を醸し出していて、まるで一流オーケストラのアルバムのようです。 子供の頃にこのレコードを聴きながら 早くこんな素敵な音楽が流れる大人の世界に…と思っていました(笑) 数々のヒット映画音楽を生み出したヘンリー・マンシーニにとって代表作といっていいでしょう。 今じゃこんなキャッチーで甘いメロディの映画音楽はほとんどなくなったのがちょっと寂しい… で…映画は、ハイソな上品さとピーター・セラーズのドタバタのコントラストで、こ洒落た60年代の大人のコメディに仕上がっています。 昔、正月の深夜テレビで放送していて、ホロ酔いで観たときにとても心地よく楽しめたときのことが思い出されます。 ちなみに昔、NHKのFMでやっていた関光夫さんの(夜のスクリーンミュージック)のテーマ曲だったのはヘンリー・マンシーニのピンク・パンサー2のサントラからの曲(偉大なる贈り物)でした。

  • syu********

    5.0

    御洒落で上品で飽きないコメデイ

    この「ピンクの豹」の主役はデビッド・ニーブンですが、主役を喰うほどのクルーゾー警部のキャラクターが受けたため、恐らく監督のブレイク・エドワーズがクルーゾー警部を主人公にしてシリーズ化したものと思われます。そして彼のライフワークともいえるシリーズとなりました。 怪盗ファントムに「80日間世界一周」(’56年)、「ナバロンの要塞」(’61年)のイギリス男優、洒脱な演技をさせたら天下一品のデビッド・ニーブン。 ダーラ王女に「刑事」(’59年)、「ブーベの恋人」(’63年)、「山猫」(’63年)のイタリア女優、クラウディア・カルディナーレ。 クルーゾー警部に「博士の異常な愛情」(’63年)のイギリス男優、ピーター・セラーズ。その夫人に「アラスカ魂」(’60年)のフランス女優、キャプシーヌ。怪盗ファントムの甥に「山」(’55年)のアメリカ男優、ロバート・ワグナーと豪華な国際的配役です。 音楽はヘンリー・マンシーニのコミカルタッチなメロディ。

  • z27********

    4.0

    雰囲気違う

    他のシリーズ作品と雰囲気違い優雅さが漂っている。但し主演は怪盗ファントムの方でクルーゾー警部はルパン三世でいう銭形警部のような存在です。全体的には怪盗と王女とのロマンスにクルーゾー警部がお笑いを付け加えてる感じです。

  • tot********

    2.0

    全然オモシロくない・・・

    この映画のドタバタは全然面白くなかった。私の笑いのツボとはかけ離れていた。H・マンシーニの音楽はいいのだけれど、B・エドワーズ監督作品はどの作品もイマイチかなぁ。ホントなら☆1つをつけたいのだけど、観たのもかなり昔だし今観たらもうちょっと評価があがるのかも?というところとマンシーニの音楽を加算しての☆2つ。

  • kuz********

    4.0

    珍しく気品のあるピンクパンサーシリーズ

    Cカルディナーレの上品さとDニーブンの洒脱な雰囲気が Pセラーズのドタバタを消し去ってる印象強し。 007/カジノロワイヤルでの共演より前なのだが  ここでもセラーズとニーブンは不思議な縁がある。 このシリーズはOPのアニメだけでもまとめてDVD売り出して欲しい。

1 ページ/1 ページ中