レビュー一覧に戻る
ピンクの豹

ピンクの豹

THE PINK PANTHER

125

syu********

5.0

御洒落で上品で飽きないコメデイ

この「ピンクの豹」の主役はデビッド・ニーブンですが、主役を喰うほどのクルーゾー警部のキャラクターが受けたため、恐らく監督のブレイク・エドワーズがクルーゾー警部を主人公にしてシリーズ化したものと思われます。そして彼のライフワークともいえるシリーズとなりました。 怪盗ファントムに「80日間世界一周」(’56年)、「ナバロンの要塞」(’61年)のイギリス男優、洒脱な演技をさせたら天下一品のデビッド・ニーブン。 ダーラ王女に「刑事」(’59年)、「ブーベの恋人」(’63年)、「山猫」(’63年)のイタリア女優、クラウディア・カルディナーレ。 クルーゾー警部に「博士の異常な愛情」(’63年)のイギリス男優、ピーター・セラーズ。その夫人に「アラスカ魂」(’60年)のフランス女優、キャプシーヌ。怪盗ファントムの甥に「山」(’55年)のアメリカ男優、ロバート・ワグナーと豪華な国際的配役です。 音楽はヘンリー・マンシーニのコミカルタッチなメロディ。

閲覧数495