ここから本文です

ピンク・フロイド/ザ・ウォール (1982)

PINK FLOYD THE WALL

監督
アラン・パーカー
  • みたいムービー 30
  • みたログ 112

4.09 / 評価:45件

アルバムを聴いてから観るほうがいい。

  • taka さん
  • 2014年8月18日 22時33分
  • 閲覧数 937
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

劇場に行った理由;
1、監督がアラン・パーカー。2、大好きなケイト・ブッシュを発掘したのがピンク・フロイドのメンバーであるD・ギルモア。

結果;抽象的でサイケデリックでよくわからん。いいとか悪いとか正直よくわからん。
しかし、見所は余りある。90分以上にわたってプロモ的な映像を見せられるのかもという若干の不安はまったくの杞憂に終わった。
まず主役があのボブ・ゲルドフ。
あのチャリティーバンド「バンド・エイド」の創始者である。彼らの歌った「ドゥー・ゼイ・ノー・イッツ・クリスマス?」をアメリカが真似て「ウイアー・ザ・ワールド」を作ったのは有名な話。
次にアニメシーン。かなりどぎつく性描写を比喩的に描いていて大人向けである。
そしてサイケな色彩。
オチまであるが、アルバムを聴いていたらオチだとは思わないのかも知れない。
ピンク・フロイドを聴いたことがなくても退屈させないところがA・パーカーのすごいところ。
洋楽ファンなら観ておこう!

上映してくれたシネマート心斎橋さん、ありがとう。
都合つけば「ラスト・ワルツ」も行きます。

パンフは売ってない。当然だが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ