ここから本文です

ピンク・フロイド/ザ・ウォール (1982)

PINK FLOYD THE WALL

監督
アラン・パーカー
  • みたいムービー 30
  • みたログ 112

4.09 / 評価:45件

考えようによっては明るい映画です。

  • mal******** さん
  • 2011年8月14日 14時47分
  • 閲覧数 605
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

1983年に日本で公開された映画です。そして、この映画の原作とも言うべきピンク・フロイドの同名アルバムが発表されたのが1979年のことでした。

この映画はロック・スターのピンク(ボブ・ゲルドフ)が人生で築きあげた”壁”、まあ簡単にいえば人付き合いが苦手、本心を理解してもらえないピンクがその”壁”を自ら破壊して、新しい人生を歩む姿を描いた映画です。

こう書いてしまうと、熱心なピンク・フロイドのファンやロジャー・ウォータースに?お前は理解していない!!?と一喝されそうですが、難しい問題を難しく言のもどうかと思ったんで、あえて簡単に書かせてもらいました。(ついでに書けば、私もピンク・フロイドの大ファンですのであしからず)

発売時2枚組で発表された問題作を改めて映像化することによって、音の感覚だけで?ピンク・フロイドって難しい音楽だな~?と思って敬遠してる人は、彼らの音楽も他のロック・グループ同様に、普遍的な人が抱える心の問題を描いていることが分かっていただけると思います。

本作はピンク・フロイドの傑作「ザ・ウォール」の知名度ばかり独り歩きした印象がありますが、アルバムの世界観を見事に映像化したアラン・パーカー監督の手腕こそ、もっと評価されても良いと思うのですが・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ