ここから本文です

ヒンデンブルグ (1975)

THE HINDENBURG

監督
ロバート・ワイズ
  • みたいムービー 6
  • みたログ 166

3.07 / 評価:69件

美麗な特撮 迫力の実録映像

  • カーティス さん
  • 2020年10月4日 21時45分
  • 閲覧数 45
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

20世紀を代表する惨事の1つ「飛行船ヒンデンブルク号爆発炎上事故」を題材にしたパニックスリラー。事故の原因について公式の見解がないことを逆手にとって、「事故ではなく、人為的なテロ行為だった」という陰謀論を採用したストーリーとなっています。

前半は、飛行船という空飛ぶ密室を舞台にした犯人捜し。ストーリー作りに『刑事コロンボ』の脚本家が参加しているとのことで期待していたのですが、かなり期待外れでした。乗客1人1人の描き分けが甘くて、ダレ場にしかなっていません。推理らしい推理があるわけでもないですしね。
真犯人が発覚してからの後半戦は、普通のミステリー映画やパニック映画とは一線を画した、意外な展開になります。こちらは面白いだけに、前半の謎解きの冗長さが悔やまれます…。

という感じで、ストーリーには難があるものの、特撮やセットを駆使したヒンデンブルク号の描写は素晴らしいの一言。とりわけて素晴らしいのが特撮で、「実際に飛行船を飛ばしたとしてもこれほど綺麗には撮れないのではないか」と思えるくらい美麗な航行シーンの数々は必見。昔の特撮にありがちな、玩具のような質感のミニチュアや、縮尺のおかしい合成といった粗はほとんどありません。派手さこそないですが、とても丁寧な仕上がり。おかげで映画の世界にスムーズに没入することができました。

もう一つ素晴らしかったのが、実録映像を用いたクライマックス。実際に事故が起こった瞬間を捉えた映像だけあって、臨場感が段違いです。実録映像に合わせて急にモノクロになるところには違和感を覚えましたが、それを差し引いてもすごい迫力。実話ならではの凄みを体感させてくれました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • パニック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ