ここから本文です

いとこ同志 (1959)

LES COUSINS

監督
クロード・シャブロル
  • みたいムービー 15
  • みたログ 174

3.42 / 評価:57件

鬱憤が爆発

  • abu******** さん
  • 2017年12月15日 21時12分
  • 閲覧数 1539
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

先日鑑賞した「狂った果実」を思い出しておりました。
内容的には似通っている部分もあります。
米映画だと、「エデンの東」を思い出した。
こう言う、血縁関係にある人が片一方はうまくいって片一方はうまくいかない、
比較し、落ち込むみたいなお話は映画で見る分には実に面白いですね。
ある種の、人間の相みたいなもんじゃないですか。
シャルルはとっても優しい真面目な性格の人で、いつも穏やかに、
そして自分の内面を表に出さないタイプ。
なので表面的には地味な映画ですけど、彼の気持ちになって見てると
鬱憤が溜まっていったんだろうなと。そしてワーグナーの音楽が
鳴り響くシーンはその辺がピークに達していましたね。
溜め込んでいる怒りが、ひしひしと滲み出ておりました。
後半はお色気シーンもちょっとだけあって、
59年の映画でこれだと当時の客は色めいていたでしょうね。
そして救いようのないラスト。とことんまで突き放しちゃう、
これが当時のヌーベルヴァーグと言うことでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ