ここから本文です

ファンダンゴ (1985)

FANDANGO

監督
ケヴィン・レイノルズ
  • みたいムービー 162
  • みたログ 271

4.30 / 評価:112件

車ふっとびで吹いた

  • ぬまつ さん
  • 2020年8月6日 21時08分
  • 閲覧数 186
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

出発して、電車に引っかけて、飛び降りて、到着して、式やって、おしまい。
ダラダラ無駄に描かずに90分で簡潔に、テンポよく、でも面白いところ(飛び降り)はちゃんと丁寧に(黒板は雑に)描く。面白かったです。
「アメリカン・グラフィティ」の遠出バージョンって感じの位置付けかな。

まず最初に書いた「電車に引っかけて」でいきなり吹いた。
いきなり超絶ダイナミックなことし始めたもんだから、どうなるんだろうと息を呑んで見ていたら、…吹いた。
そのときのフィルの表情がまた。

しかしさらにダイナミックなことがその次の「飛び降りて」ですよね。
NOGOがGOONになるのがいい。

この2つの出来事で大いなる被害者になってオイシイ役だったのは真面目人のフィルですが、彼以上に個人的に気に入ったのが太っちょドーマン。彼の冷静さがツボ。
車内でケンカし始めて運転手のガードナーがハンドルを離したときの身のこなしがすごい。そしてまた本を読み出すという器用さ。
最後は司祭になり、フィルとの握手からの今作最後の一言。何も特別なことは言ってないけど、かっこよかった。

ガードナーの、飛び降りと式のときの騙しのテクもなかなかのセンスでした。
あれがもしあのあと嘘だったとバレたとしても、きっとあの人たちだったら笑って許してくれるんだろうね。
現実にはあり得ないかもしれないけどめちゃくちゃいい人たちだらけで泣けた。

なんとも清々しい、男5人かっこ笑いの旅でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ