ここから本文です

ファンダンゴ (1985)

FANDANGO

監督
ケヴィン・レイノルズ
  • みたいムービー 159
  • みたログ 272

4.31 / 評価:111件

人生最後の“Fandango”を仲間と…

  • 一人旅 さん
  • 2020年8月18日 21時17分
  • 閲覧数 119
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ケヴィン・レイノルズ監督作。

ケヴィン・レイノルズが南カリフォルニア大学在学中に自主制作した短編映画を気に入ったスティーヴン・スピルバーグが、彼を監督に起用した上で長編映画としてリメイクさせた青春映画で、本作はスピルバーグ率いるアンブリン・エンターテイメントの第1回製作作品であります。スピルバーグ肝煎りの作品ですが、映画の出来栄えに不満を抱いたスピルバーグはクレジットから自分の名前を削除しています(いい映画なのにもったいない…)。

ベトナム戦争末期の1971年を舞台に、テキサス州の大学を卒業したばかりの親友5人組が、学生時代最後の思い出作りにキャデラックでメキシコ国境を目指す―という“ロードムービー+青春ドラマ”の良品で、就職・兵役・結婚…とそれぞれ人生の岐路に立たされた5人組が織りなす人生最後の青春旅の顛末をユーモラスに、時に切なく映し出しています。

旅の途中で巻き起こる数々の騒動&トラブルが青春映画らしいユーモラスな味付けとなっていますし、オンボロ飛行機&能天気インストラクターとゆくスカイダイビングは劇中最大の見せ場で、生死に関わる重大アクシデントに対する緊迫の対応劇が笑えないくらいスリリングな展開となっています。

デ・パルマの『アンタッチャブル』(87)で注目を浴びる前、まだ無名時代にあったケヴィン・コスナーが5人組のリーダー格として主演を果たしている点にも注目の80年代青春映画で、彼は撮影当時30歳でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ