フィツカラルド

FITZCARRALDO

157
フィツカラルド
4.2

/ 102

46%
38%
8%
7%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(37件)

スペクタクル19.2%勇敢11.1%ゴージャス11.1%ロマンチック8.1%楽しい7.1%

  • エル・オレンス

    5.0

    ネタバレCG無き時代の底力に圧倒される!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • むるそー

    5.0

    ネタバレ最高のカタルシスを得られる映画だ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • le_********

    5.0

    ネタバレアマゾン周辺での実際のロケ撮影に驚嘆!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • スーザン

    4.0

    狂気の撮影!

    アマゾンのジャングル奥地にオペラハウスを建てるという構想自体トンデモ発想。 そして資金捻出の為ゴム園で一発当てようと未開の地へとアマゾン川を遡る。 そしてそして、あの船の山越えシーン。 しかも実写ときた! 中盤は延々土木作業を観せられるのだが、それが凄すぎてもう何の映画だか分からなくなってくる。 何という映画だ・・・。 結果、ボロボロになって一周してくるだけだったなんて・・・。 しかし、である。 ラスト船上のオペラシーンが清々しくあっけらかんとしていて、ここで溜飲が下がるのだ。 フィツカラルド役のクラウス・キンスキーが怪演なのは言うまでもないが、娼館の女主人クラウディア・カルディナーレが明るく彼を補う形なのが良かった。

  • つとみ

    4.0

    ホンモノの迫力

    そんなに古い作品ではないけれど、今のCG全盛時代と比べると、やっぱりホンモノは迫力が違うよね。 とにかくもう、狂気といえるような主人公、ストーリー、そして船。 この船運びにしたって、オペラハウス建設の資金を集めるための事業の手始めってだけで、もし船が運べても事業が上手くいくのとは別問題という狂気っぷり。 主人公は、頑張る自分に酔っているのか? 狂気で自分を見失っているのか? なぜか嬉しそうな彼をみると、こちらも不思議な達成感が沸いてくる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

カンヌ国際映画祭第35回

監督賞

基本情報


タイトル
フィツカラルド

原題
FITZCARRALDO

上映時間

製作国
西ドイツ/ペルー

製作年度

公開日
-