レビュー一覧に戻る
フーズ・ザット・ガール

bab********

3.0

とってもキュートなマドンナ

マドンナの歌と共にアニメーションからスタートして 実写の映像へ。 マドンナの顔のアップからです。 マドンナ かわいいで~す。 (まゆげが凄く太いですが) 金髪ではなく、シルバーでショートヘアー。 顔は、まだポッチャリした輪郭です。 可愛かったんですねぇ~。マドンナも。 しゃべり方が、シンディー・ローパーなんですよね。 この頃のアメリカで流行ってたんでしょうか?あのしゃべり方は。 これも、バットマン同様に敬遠し続けた映画の1つです。 今の様子と違うマドンナを見れた事も理由ですが 予想以上に、見れました。 これといって、見所と言われると困るのですが ねこちゃんは、可愛かったですね! 良く躾がされていて、マドンナの指示通り映画の中で動いてました。 と言う事で書く事に困りましたので一旦中断して もう一度オープニングから。 あ~! オープニングのアニメーションからもう一度見て下さい。 私と同様に。 (この辺りは、軽く流して見てましたよ。) 2度見が丁度良いですね。(出だし部分だけでも) ストーリーの5割位が数分に集約されているんです。 ジェームス・ディーンのポスターにキスをしたり マリリン・モンローをとっても意識した格好をしたりと 最近の映画では触れない ある世代以上の永遠の憧れのスターが意識されてるのも この映画が見易く、楽しめた部分かも知れないです。 マドンナの黒いライダースジャケットのお腹の辺りに くまさんのぬいぐるみが付いてるんです。 当時、この事も話題になっていた気がしました。 結局は、マドンナ!と言う映画です。 ベタですが、最後まで飽きない映画にはなってます。

閲覧数952