レビュー一覧に戻る
フェノミナ

フェノミナ

PHENOMENA/CREEPERS

111

nom********

5.0

好きよ  みんな好きよ  大好きよ

夏なので、夏っぽい映画が観たいということで。 蛍やらプールが出てくる映画をチョイスしてみました。 …うそです。 ただ単に、どうしても、久しぶりに、 アルジェント映画が観たくなっただけです。 最高でした。 『フェノミナ』 スイスにある名門音楽学校リャハルト・ワグナー校に 有名な映画俳優を父に持つ美少女 ジェニファー(ジェニファー・コネリー)が転校してくる。 彼女には昆虫と交信出来る特殊な能力があった。 寮に入舎した夜、同室のソフィーから恐ろしい話を聞く。 八ヶ月ほど前から、少女ばかりを狙う殺人鬼が 出没しているというのだ。 不安を抱えたまま寝床につくジェニファー。 そして真夜中。夢遊病の発作に襲われ、とぼとぼと歩き出す。 校舎を彷徨い続け、遠い意識の中で聞こえて来たのは 少女の悲鳴だった。 まるで夢の中で起きた出来事のように映るそれは、 少女が目の前で殺害される現場だった。 謎の殺人鬼の存在によって、 ジェニファーの人生は否応無く蝕まれていく。。。 昆虫とオハナシ出来て、 夜になると夢遊病でフラフラとほっつき歩き、 ウジ虫もものともしないハエがたかる女。 っていうと、どんな女だwってなるわけですが。 超かわいい。 キレイ。 うつくし。 悪魔的にピュア。 当時14歳のジェニファー・コネリー。 いやしかし。アルジェント御大には恐れいった。 あんないたいけな美少女をバッラバラの死体モリモリで ウジ虫うじゃうじゃのプールに放り込むとは。 さすが変態王。 ウジ虫と美少女があんなに相性がいいとは知らなんだ。 そういえば、中学生の頃クソハマッた ホラーアドベンチャーゲーム『クロックタワー』。 当時は、こんな映画が元ネタだとは知らんかったけど。 友達とギャーギャー言いながらプレイしてたのを思い出す。 あのハラハラドキドキはここから来てんのか。 と思うと、もっと愛着が湧くわけで。 謎の殺人鬼に「追われる恐怖」はゲームの方が強いですけど、 変な美しさとか、変な可笑しさだとかは、 やっぱり映画に敵いません。 昆虫や動物の熱演も光ってました。 おサルさんとかチョーかわいいんですけど。 BGMもいつも通りイカレてました。最高です。 この映画。 溜め息が出るほどに美少女なジェニファー・コネリーを 虐待するような演出がウリだとは思うんですが、 個人的にナニゲに気になったのがダリア・ニコロディ。 ラスト近くの彼女。 スゲーいい表情してました。ハッとしました。 ちょっと感動しちゃいました。 思えば1982年の『シャドー』では、納得のいく 役柄を貰えなかったダリア・ニコロディ。 この『フェノミナ』では、かなりイイんじゃないでしょうか。 正直この映画で一番印象に残ってんのは、 ダリア・ニコロディがあのとき見せた表情、あの瞳です。 熱演でした。 鬱憤晴らせたね。良かったね。と言いたいです。

閲覧数1,388