ここから本文です

フェリスはある朝突然に (1986)

FERRIS BUELLER'S DAY OFF

監督
ジョン・ヒューズ
  • みたいムービー 91
  • みたログ 629

3.64 / 評価:250件

学校をサボった朝って格別でしたよね。

  • 一人旅 さん
  • 2016年9月29日 21時32分
  • 閲覧数 1554
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジョン・ヒューズ監督作。

シカゴを舞台に、仮病で学校を休んだ高校生・フェリスが巻き起こす騒動を描いた青春コメディ。

『ブレックファスト・クラブ』のジョン・ヒューズ監督による80年代青春映画の代表作。学校を仮病でズル休みした主人公・フェリスと金持ちだが病気がちの友人・キャメロン、フェリスの恋人・スローンの高校生3人組が送る“サボりの一日”を自由度満点に描く。

作品のテーマはストレートに「短い人生、楽しく生きなきゃ損!」というお気楽&単純明快なもの。高校生らしい悪知恵いっぱい、遊び心いっぱいの演出がとにかく楽しい作品で、
・両親に病気を信じ込ませる方法
・恋人を学校から脱出させる方法
・怒りに震える校長を叩きのめす方法
・生徒の欠席データを改ざんする方法
・キッズ入店拒否の高級レストランで食事する方法
・乗り回したフェラーリの走行距離を誤魔化す方法
・飛び入り参加したパレードで一躍スターになる方法
といった、人生を楽しく生きる上で必要なコツ(?)が終始明るく前向きに描き出され、悩みとか悲しみとかそういうマイナスの感情のつけ入る隙を与えない。エンタメ至上主義、娯楽度満点の痛快青春コメディに仕上がっている。

「家で寝てなければならないフェリス」VS「サボりの証拠を掴みたい鬼校長」&「息子の病気を信じて疑わない優しい両親」の攻防も楽しい。特に、車で帰宅途中の両親と、それより前に家へ滑り込みセーフしたいフェリスが繰り広げるデッドヒートは見応えたっぷりで、通り抜け可能なあらゆる近道を駆使しながら全力疾走するフェリスの姿は爽快だ。
また、部屋のドアを開けると自動的にダミー人形が寝返りをうつという対両親用のプチトラップ(いびき音声付き!)や、高級車の走行距離を元に戻すための奇想天外な珍策(おバカ丸出し!)も可笑しい。

そして、本作が出世作となったマシュー・ブロデリックの初々しい演技も魅力で、画面を通じて鑑賞者に話しかけてくるという“第4の壁”を堂々と破る演出が楽しい。また『デッドプール』でもネタにされたエンドロール後のオマケ映像も必見だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ