ここから本文です

フェリスはある朝突然に (1986)

FERRIS BUELLER'S DAY OFF

監督
ジョン・ヒューズ
  • みたいムービー 89
  • みたログ 627

3.64 / 評価:248件

能天気に愉しめた

  • fg9***** さん
  • 2017年5月26日 16時56分
  • 閲覧数 1822
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …今から30年以上も前の1986年のジョン・ヒューズ監督作品だ。
 …あらすじは、解説の次のとおり。
 『快晴のシカゴ。
 サボりの常習犯である高校生フェリスはこの日、仮病でズル休みすることに。
 そして、彼の姉や校長をイラ立たせ校内も騒然とする中、フェリスは病欠している金持ちの親友キャメロンを誘い、車で街へと繰り出していく。
 さらにはフェリスのガールフレンドも学校から誘い出すことに成功。
 こうして3人は、パレードに飛び入りしてはロックを歌い踊るなど、休日を存分に楽しむのだった。
 だが一方、フェリスの自宅では、校長や姉がそれぞれフェリスの仮病を暴こうと待ち構え、まだ何も事情を知らない両親も帰宅しようとしていた…。』
 ストーリーはこれだけで十分だろう。
 最近、『デッドプール』で話題になった、観客に話し掛ける手法をとったものの元祖だ。
 25年ぶりの3回目ぐらいの鑑賞になるが、ちっとも色褪せておらず理屈抜きで愉しめた。
 13歳でビートルズにはまり、棺桶に片足を突っ込んでいる今でも抜け出せないでいるオラッチとしては、パレードの場面での「ツイスト・アンド・シャウト」は興奮の絶頂の極みだったな。
 今回は、キャメロン君が父親から独立していく様は、ちょっぴり涙もんだったな。
 「人生はとっても早く過ぎていくんだ。
 だから、時々立ち止まって、周りを見渡さなければ大事な瞬間を見逃してしまうよ。」
 な~んて、カッコイイことを言いながら、実は、「人生は短いんだから、愉しまなきゃぁソンソン」という内容で、オラッチの人生もいよいよ短くなってしまったので、愉しまなきゃぁソンソンということで、能天気に愉しめた作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ