ここから本文です

冬の光 (1962)

WINTER LIGHT/NATTVARDSGASTERNA

監督
イングマール・ベルイマン
  • みたいムービー 22
  • みたログ 93

4.31 / 評価:45件

光に秘めた神の気配

  • 一人旅 さん
  • 2014年3月12日 21時11分
  • 閲覧数 719
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

イングマール・ベルイマン監督作。

【ストーリー】
トマスはスウェーデンの小さな村で牧師として働いている。ある日、原爆による世界の終末を不安視する男ヨナス(マックス・フォン・シドー)がヨナスの妻カリンと共に訪れ、相談に乗ってほしいと頼まれるが・・・。

トマスは愛する妻を失っており、マルタという名の愛人がいるものの、二人の間に愛は無い様子だった。さらにトマスは病に犯されている。そのため、全てを黙って見ているだけで何もしてくれない神に対する疑念がトマスの心に生じてしまったのだ。

牧師という聖職に就きながら、神への疑いを持ってしまったことによるトマスの苦悩が伝わってくる。牧師である自分が神を信じられなくなったなら、熱心に教会に足を運んでくれる信者を裏切ることになる。そして何より、神への信仰を失うことはトマス自身の生きる拠り所を自ら放棄してしまうことに他ならない。

そして映像。光の持つ美しさ、神秘性が印象的だ。
教会の薄暗い一室に佇むトマスの背にフワ~ッと光が差し込む瞬間は神の存在を確かに感じさせる。思わずテープを巻き戻して二回見てしまった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ