ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

冬のライオン (1968)

THE LION IN WINTER

監督
アンソニー・ハーヴェイ
  • みたいムービー 25
  • みたログ 187

3.63 / 評価:50件

うーん……ひどい。

  • bar***** さん
  • 2017年10月6日 13時42分
  • 閲覧数 503
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

冬のライオン。なんなのか、この気持ち悪いカメラは……。
まるで素人が操っているかのようで、レベルが低くて、とても見ていられず。

また役者のセリフと、カメラ及び演出面がほとんどかみ合っておらず、「スベった」、サムい印象ばかりが残る。演劇が元になっている? もしかしたらそのせいかもしれない。演劇から映画に変換するには、創造にも似た、破壊と再生行為が必要だというのが、なぜ分からないのだろうか。付け焼き刃的な制作では、「演劇」と「映画」の情報量のズレがどんどん大きな亀裂を作り、最終的には一体何がここで演じられているのか、分からなくなるだろう。

優れた作者は、自分の表現が、観衆にどんな印象を与えているのか、深く計算しているものであり、「演劇」であれば、どこまでを見せ、どこまでを観衆の感覚に訴え、どこからを観衆の想像に任せるのか……きちんとした考えがあるものである。
「映画」であれば、もちろん書き割りでなく実際の映像を背景にすることができるし、役者たちが感じている空気をも、目に見えるように表現することができる。「演劇」の場合は、多くの情報を想像で補っていた、ということをこの作者がよく飲み込めていないのは、本来監督という立場を考えると、ちょっと信じがたいことである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ