上映中

冬物語

CONTE D'HIVER/A TALE OF WINTER

114
冬物語
4.0

/ 25

36%
44%
12%
0%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(9件)

ロマンチック35.7%かわいい21.4%かっこいい7.1%泣ける7.1%ファンタジー7.1%

  • ken********

    4.0

    ラブラブだったね

    バカンス知り合った男性との本物の愛を貫く女性の話。 彼女を愛する二人の男が寛容ですね。 振り回した感じだけど、嫌な感じはないのは、彼女の屈託がない魅力のせいかな。 冒頭のラブラブっぷりはうらやましい限りでした。

  • 一人旅

    4.0

    ロメールの冬は温かい

    エリック・ロメール監督作。 勘違いが元で恋人シャルルと離ればなれになってしまったフェリシーの恋愛模様を描いたドラマ。 本当に忘れられないのはシャルルだけなのに、フェリシーの心は別の二人の男の間で揺れ動く。シャルルのいない悲しみを紛らわせるために別の男で我慢しているように見え、フェリシーの気まぐれに翻弄される男たちが少々気の毒に思えてしまう。 「あなたを愛したい」のセリフにフェリシーの心情が象徴されている。愛している、ではなく無理やりにでも愛したいのだ。そうでもしないとシャルルを失った空虚な心を救うことはできない。自分本位だが繊細なフェリシーの乙女心が言葉になって表れていて、共感を覚える女性も多いのではないだろうか。 映画的魔法による鮮やかな幕切れは至福感に溢れている。

  • kyo********

    3.0

    私の幸せはどこ

    バカンスを過ごしたブルターニュの海で運命的な出会いをしたフェリシー(シャルロット・ヴェリー)とシャルル(フレデリック・ヴァン・デン・ドリーシュ)だったが...エリック・ロメール監督作。「四季の物語」シリーズ第2弾。 フェリシーは奔放というかなんというか小さい子供もいるのに彼氏は2人?!しかも、忘れられない人もいる?!なんだか設定自体がいまいち入り込めなさすぎるものだったので、最後までいまいち入り込めなかった(^_^;)シャルロット・ヴェリーはキュートでしたが... 結局のところ、離れ離れになってしまっていたシャルルが本当に好きだったんだろうけれど...なんともね(; ̄ェ ̄)

  • per********

    5.0

    風呂敷広げ過ぎ。伏線の回収は?

    まあお勧めは、しません。 エリック・ロメールは全部一緒なんでねどれも。 やたら映像がキレイで、そんでストーリーそっちのけで 登場人物がやたら異常に長い会話をし出す、という。 大概そういう映画ですわこの人の監督するもんは。 もうただただ喋り出すんだわ主人公とかが。 本筋とまったく、何の関係もない内容の話を。 ------------------------------- まあ大半の人は観る気なくすと思います。 ただ俺は結構好きなんだな エリック・ロメール。 ---------------------------- そういう 「本筋となんの関係もない話」 の内容が よく聞いてると結構興味深かったりするんでね。 政治の話だの、天文学だの 16世紀のナントカ候につかえた学者の数学論だの 植物学だの、 もうほんとに話と何の関係も無い ハナシを、 やたら美しい光と趣味のいい調度品のなかで 延々と喋り続けるキャラクターたち。 ------------------------------- だから、 「風呂敷広げ過ぎてどうだこうだ」 とか 「伏線の回収があーだこーだ」 とか言ってるばかりだと こういう作品を観た時に初めて、 そういうセコイ物の見方じゃ映画という物は 到底はかることはできないものなんだと わかるのよ。

  • hir********

    4.0

    揺れ動く心

    ラストシーンはもう少し続くのかと思ったが、ここで終わるところがロメール作品の良いところなのだろう。物語は主人公が複数の男性との間で揺れ動く心を描いているが、途中で「冬物語」を見てから、主人公がその内容を自分の境遇と重ね合わせていくあたりからラストまでが見どころ。また、冬のひんやりとした感じが主人公の寂しさと重なりあっているあたりもなかなか良い。 しかし、フランス人ってみんなこんな感じで男女関係が成り立っているのだろうか。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ベルリン国際映画祭第42回

国際評論家連盟賞

基本情報


タイトル
冬物語

原題
CONTE D'HIVER/A TALE OF WINTER

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日
-