ここから本文です

イヴの総て (1950)

ALL ABOUT EVE

監督
ジョセフ・L・マンキウィッツ
  • みたいムービー 84
  • みたログ 597

4.11 / 評価:178件

緻密な展開の脚本が秀逸

  • taka さん
  • 2017年6月25日 22時24分
  • 閲覧数 1091
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

名作の誉れ高いがDVDで映画を観ない自分は当然、初見。
それにしても面白かった。

悪女が「いい子」を装い、周囲の人間を踏み台にして成り上がる話。
脚本がよくできているのかな、そのあたりのことはあまりよく分からないんだけど、展開がとてもうまくて次はどうなるんだろうと期待させてくれる。

1950年の作品なので、枕営業みたいなベッドシーンはないが、それを匂わせる雰囲気は当然出てくる。
いまならそれなりのベッドシーンになるんだろう。

ブレイク前のマリリン・モンローも出ていて一見の価値あり。
オスカー受賞も納得の作品だ。
ベティ・デイビスはさすがの一言。

パンフは売られていない。午前10時の映画祭。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ