ここから本文です

イヴの総て (1950)

ALL ABOUT EVE

監督
ジョセフ・L・マンキウィッツ
  • みたいムービー 83
  • みたログ 597

4.35 / 評価:178件

違和感しかありません^^;

  • elsie_frances1997 さん
  • 2018年3月29日 4時37分
  • 閲覧数 1379
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

大変評価の高い作品なので、観るのを楽しみにしていたのですが…

この作品を「演劇界の裏側」の一言で括られてしまうのには、違和感しかありません^^;

ほんの一時期でも日本の演劇界に身を置いた者としては、この映画はあくまでも「昔のアメリカの芸能界、或いはショービジネス界の裏側」という特殊な世界にしか映りません。

それほど他人事にしか感じませんし「よく出来ている映画」という感想しか持ち得ないのです。

私の知っている日本の演劇界或いは新劇界とは全くの別物です。
今でもハリウッドが良くも悪くも別世界なのと同じように…

一つの映画として観れば、かなり面白く、完成度も高い作品だと思います。
皆さんさすがに演技もお上手ですし、観る者を飽きさせません。

劇中劇でもあれば星5つにしても良かったのですが・・・

(他のレビュアーさんたちが書かれているマリリン・モンローは、私はどこに出ていたのか全然判りませんでした^^;)



又もや追記ですm(__)m

単なる書き忘れなのですが『配達されない三通の手紙』の中で、虚ろな表情をした栗原小巻さんがガラス製の動物たちの手入れをしているシーンは、勿論有名な
テネシー・ウィリアムズの戯曲『ガラスの動物園』へのオマージュです。

私の知る限りでは、小巻さんは『ガラスの動物園』のヒロイン、ローラを演じたことはなかったように思うのですが、私が所属していた劇団の先輩の舞台稽古と本公演をすぐ目の前で観る機会があり、本当に感動したことを覚えています。
小巻さんにも演じて頂きたい役だったのですが・・・

シェイクスピア、チェーホフ始め、有名な古典戯曲のほとんどのヒロインを演じて来た小巻さんですが、私の記憶に誤りがなければ、残念なことにオフィーリアだけは演じていないように思います・・・

(単なる小巻さんファンの独り言になってしまいました。おまけにまた記憶違いがあるかもしれず、本当に申し訳ありませんm(__)m)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 不気味
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ