ここから本文です

if もしも‥‥ (1968)

IF....

監督
リンゼイ・アンダーソン
  • みたいムービー 24
  • みたログ 111

3.67 / 評価:26件

’69年パルムドール受賞作

  • マッキー さん
  • 2008年4月3日 19時07分
  • 閲覧数 1207
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

カンヌでパルムドールを受賞した作品にも関わらず、
レビューが一つもないので自分が先陣切らせていただきます。

イギリスのある全寮制名門私立校を舞台にした異色の学園ドラマ。
厳しい校則で生徒達を徹底的に管理しようとする学校に対して、
生徒の一人・ミック(M・マクダウェル)は反発を覚える。
やがて革命を決意した彼は、
同級生や美少年の下級生、カフェで知り合った娘を仲間に加え、
ある衝撃的な計画を実行しようとする…。

折りしも時代は学生運動の機運高まる60年代後半。
本作ではそういった時代の空気感を捉え、
既成概念をぶっ壊そうとする若者たちの姿が描かれており、
いわゆる普通の学園ものとは完全に一線を画している。
そこには生徒と教師の心温まる交流など一切無く、
両者は互いに反発しあう両極の存在。
片一方は管理し、規制し、弾圧する為政者であり、
もう片方はそれに反旗を翻すアナーキストとして描写されている。
分かりやすく言うなら、
イギリス版『いちご白書』といったところだろうか。
ただしそこはイギリス映画らしく、
本作の方がよりシニカルに描かれてはいるが…。

映像面でもモノクロとカラーが併用されており、
それが変革を夢想する若者の不安定な精神状態を表現しているように感じられ、
非常に印象的だった。

最後に余談だが、
主演のM・マクダウェルは本作の出演後、
『時計じかけのオレンジ』に出演。
そこでまたしてもアナーキスト的な若者を演じ、
アクの強い怪演を見せている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ