ここから本文です

if もしも‥‥ (1968)

IF....

監督
リンゼイ・アンダーソン
  • みたいムービー 24
  • みたログ 112

3.30 / 評価:27件

オードリー・ヘップバーンの鼻に

  • eigadays さん
  • 2010年11月5日 20時49分
  • 閲覧数 2012
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画を読み解く鍵はモノクロとカラーのシーンのどちらが"if"の世界か考察することです。私は平和なシーンの多いモノクロが”もしも”の世界だと思います。登場人物たちの行動がモノクロとカラーをまたいで一貫性があるように描かれているのでどちらのシーンも”もしも”のシーンを補強しあっているように見えますが、モノクロのシーンの平和な学園生活は既に存在していなくて、盗み、いじめ、殺戮が横行しているのが現実と考えるとあのラストも納得できると思います。この映画のマルコム・マクダウェルの狂気は”時計じかけのオレンジ”のアレックスに引き継がれ、トラビスという名前は”タクシー・ドライバー”でさらなる脅威に変わります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ