ここから本文です

今ひとたび (1989)

COUSINS

監督
ジョエル・シューマカー
  • みたいムービー 1
  • みたログ 16

3.25 / 評価:8件

なぜか爽やかな不倫ラブストーリー

  • tengu3711 さん
  • 2009年12月7日 20時57分
  • 閲覧数 534
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

どーも、今晩は。

夕方、マッサージ中に寝てしまい。

マッサージのオバサン(小林幸子似)と、ブロンソンが恋に落ちる、

世にも奇妙な夢を観ました。

この間も、渡辺哲と、菅井きんの、不倫の夢見たし・・・最近、どーかしてる・・・


ソレと言うのも、この「カズンズ・今ひとたび」を観たからに違いない。

テッド・ダンソンと、イザベラ・ロッセリーニ。

脇がショーン・ヤングだよ・・・モタレソウ・・・

と、思ったら、なかなかシットリしていて、いい「ラブストーリー」だった。

ユーモアが、うまい具合にスパイスとして、効いているし

何よりも、イザベラ・ロッセリーニの無垢な笑顔に救われる。


不倫の話なんだけど、お互いが大人なので、ラストのオチには、「救い」がある。

やっぱ、大人の恋というのは、「許す」ことから始まるんだよね。

その為、不倫ものに良くある「不快感」が無いのだ。

さっぱり爽やかな印象を残す、不思議な不倫映画。


最近、周囲でよく「離婚」の話をきくけど、

「浮気」ってーのが多いね。

でも、俺はもし、結婚して女房が「浮気」しても、気にしないね。

だって、「浮気」だもん、「本気」じゃない。

「本気」だとメンドくさいけど、「浮気」はモテル証拠だし、減るもんじゃないし、

「遊び感覚」なら、俺は許すね・・・


「心が広いんですね」とか言われるけど、そーゆーのとは違うね。

だって、「自分だけのモノ」なんて・・・浅ましいし、気持ち悪いよ。

お互い夫婦でも、好きな様に生きて、干渉しない仲の方がいい。

この映画の不倫カップルも、そう考えていた感じだが、

だからこそ、ドロドロ感が無く、爽やかに観れたのかも知れない。


それにしても・・・ショーン・ヤング・・・悲しいまでに「リアル」でした・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ