プリンセス・ブライド・ストーリー
3.5

/ 62

18%
42%
21%
13%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(11件)

ファンタジー19.1%楽しい19.1%コミカル14.9%かわいい12.8%笑える12.8%

  • nap********

    3.0

    中世の昔話

    おじいちゃんが風邪をひいた孫に心温まる優しい昔話を聞かせてあげる。それがプリンセス・ブライド・ストーリー。 お姫様の衣装が可愛かった。ストーリーはありきたりだけど全体的に良かった。 何を言われても「望み通りに」しか言わない農夫の言葉に愛を感じたバターカップ。最初からえもい。 ファーム・ボーイ!と命令するバターカップ可愛い。 昔ながらの愛の物語で中世のラブロマンスって感じだね。

  • yok********

    4.0

    子供の頃に読んだ昔話や紙芝居みたい

    昔ならではの良さがあった

  • いやよセブン

    3.0

    ロビン・ライトの主演デビュー作

    ロブ・ライナー監督の童話。 風邪をひいた孫のためにお爺ちゃん(ピーター・フォーク)が本を読んで聞かせる。 それはお姫様(ロビン・ライト)と恋人の冒険物語で、最初は乗り気でなかった孫も次第にのめりこんでくる。 存在感あふれるキャラが数多く登場、多いに楽しませてくれる。

  • sat********

    4.0

    ネタバレAs you wish...

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mal********

    3.0

    アンドレが普通に話してるのに驚きました。

    1988年に公開されたファンタジーアー映画です。 風邪をひいた孫におじいちゃん(ピーター・フォーク)がおとぎ話の本を読み聞かせるのと並行して物語が展開され、最後は典型的なハッピーエンドで終わる映画に仕上がっています。 ですから、中世を舞台にしていますが血生臭さもほとんどなく、どちらかといえばコメディ仕立てで展開していく映画ですから、ファミリー向けの映画としても御覧になれると思います。 個人的には”一人民族大移動”というキャッチコピーで日本でも人気のあったプロレスラーのアンドレ・ザ・ジャイアントが普通に喋っていたことと、なかなかの引き立て役で映画を盛りたてていたのがうれしかったです。また先ごろ他界されたピーター・フォークが映画の最後を締めくくるセリフも映画を面白くしています。 ただ残念なのは、こういったファンタジー映画に、シンセサイザーで奏でられた音楽はちょっと不釣り合いだったことです。その影響で映画全体が軽くなった印象はぬぐえません。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
プリンセス・ブライド・ストーリー

原題
THE PRINCESS BRIDE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-