ここから本文です

ブルージーン・コップ (1990)

DEATH WARRANT

監督
デラン・サラフィアン
  • みたいムービー 1
  • みたログ 88

2.80 / 評価:30件

初期のヴァンダム映画の傑作のひとつ

  • 雪男 さん
  • 2012年7月17日 18時56分
  • 閲覧数 848
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

昔レンタルでVHSで借りて観て、その後洋画劇場でやっていたのを観て
最近になってDVDで観たのですが、画質が粗くてDVDの水準をかなり下回っていてガッカリしました、ヴァンダム映画は好きなので全部ブルーレイ化してくれることを期待します(無理か?)
しかしヴァンダムはアクション俳優としての立ち位置もシュワちゃんやスタローンのような超一流どころではなくセガールと同じくらいの準一流くらいのポジション
今作も大ヒットするような内容ではありません(自分は好きですけど)今見返すとやはり
粗さが目立ちますね、しかしながら出てくるキャラはみんな個性的です
バーベルで殴りかかってくる殺した相手の名前をこめかみに彫っているイカレモヒカン野郎やメキシコのチンピラ、チェーンを振り回すアジアンマフィアに刑務所内でも恐れられている謎の牧師、義眼の黒人のじいさん、色んなキャラがいます。
その中でも異彩を放つのが銃で撃たれたくらいじゃ死なない怪人サンドマンはヤバイですね人間の域を超えてきてますからね、あの後生き返ったとしても不思議じゃないようなキャラです

それとアマンダ役のシンシア・ギブちゃんが可愛かった、ヴァンダムも手を出すの早すぎな気しますけどね、可愛いから仕方ないのかな?
看守たちにもセクハラされてたし(^_^;)でもこの人がいなかったらあまりにも男塾すぎただろうしやっぱりこういうキャラは必要ですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ