ブルースが聞こえる

BILOXI BLUES

107
ブルースが聞こえる
4.0

/ 28

29%
43%
25%
4%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(4件)

コミカル12.5%切ない12.5%笑える8.3%ロマンチック8.3%知的8.3%

  • 辰っちゃん

    4.0

    青春だね

    軍隊での色々な出来事を面白く描いている。スタンドバイミーを彷彿とさせるような青春ものです!

  • Kurosawapapa

    4.0

    ニール・サイモン自伝〜青春ノスタルジー

    大人の都会派コメディを多く手掛けるニール・サイモンが、このような “青春もの” を書くのは珍しいと思ったが、本作はニール・サイモンの自伝的作品だそう。 監督は「卒業」「ワーキング・ガール」「クローサー」などのマイク・ニコルズ。 ======= 主人公のユージーン(マシュー・ブロデリック)は、作家を目指す青年。 第二次世界大戦で徴兵され、新兵訓練キャンプにやってくる。 一緒に送られてきたのは、クセのある奴ばかり。 ユージーンは訓練の期間中、様々な経験をしていく。 ======= ストーリーは、厳しい訓練を描くより、 それ以外の時間、つまり上官や仲間との間に起こる出来事が中心。 戦場のシーンも無いが、シビアな上官(クリストファー・ウォーケン)による訓練という名の元の理不尽が、戦争の暗喩になっている。 本作で描かれるのは、  “体の鍛錬” より “心の鍛錬” 。 上官との衝突、仲間との価値観の対峙、 また一方で、初体験、初恋 などを通し、 若者の “葛藤” と “成長” を、温かい視点で綴っていく。 作者が最も訴えたかったモチーフ、、、 それは、主人公のユージーンと仲間の一人エプスティンとの関係だろう。 感じたことを日記に書き、傍観者であるユージーンに対し、 確固たる思想を持ち、常に行動できるエプスティン。 いつも客観視ばかりの主人公は、全てに対し信念を通すことができずにいる。 弱かった自分、、、 未熟な青春時代のほろ苦さ。 「 振り返ってみれば、軍隊にいた時が一番幸せだった。   もちろん軍隊や戦争が好きだからではない。   ただ若かったから、、、 」 本作は “戦争もの” として見ると、物足りないかもしれず、     “青春もの” として見ても、それほど熱くはない。 ただ、男だったら、 ふと どこかに若い頃の自分を重ね合わせることができる、、、 そんなノスタルジーに満ちた作品。 穏和な風を吹かせるところは、 やはりニール・サイモンだと思わせます☆ ( Neil・Simon: No11 )

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ気づかない輝き

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bad********

    5.0

    ネタバレ戦争に行くよりは

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブルースが聞こえる

原題
BILOXI BLUES

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル