ブルースチール

BLUE STEEL

102
ブルースチール
2.5

/ 181

6%
13%
31%
25%
24%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(39件)

不気味15.8%勇敢10.5%恐怖10.5%セクシー8.8%パニック8.8%

  • tom********

    2.0

    ネタバレなんで

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • coc********

    2.0

    ブルースチール

    映画見ました。ストーリーはそれなり………… 只、気になるシーンがあり、男性の犯人が銃で左腕を撃たれたのでが、後のシーンで銃弾を右腕から取り右腕を治療しているのがあり笑った。 スタッフは誰も気づかなかったのだろうか?

  • いやよセブン

    3.0

    イライラする

    主人公(ジェイミー・リー・カーティス)は新任女性警官、早速、スーパーの強盗に出くわし、射殺するが、犯人が持っていた拳銃が見つからない。 お客の中に異常者がいて、盗んだのだ。 主人公といい、警察といい、もう少ししっかりしてくれないとイライラしてしまう。

  • ike********

    5.0

    新米の女性警官と変質者の葛藤

    新米の女性警官ターナーが、2重人格と言うか、とにかく2面性を持つ異常者ハントに翻弄される物語である。 異常者の出てくるスリラー映画としては、細かい疑問点はあるものの、まあよくできていて、それなりに楽しめた。 それにしても、新米女性警官にしてはターナーは自己同一性が確立されていると言うか、精神的にたくましい女性であった。新任で警官なり立ての時に彼女のような立場に立たされたら、男のかなりの経験を持った警官でも立すくしてしまい犯人との対決から逃げたくなるであろう所であるが、敢然として、しかも、他の警官などをあまりあてにすることなく、というよりは周りから止められてもそれを振り切って、しかもほとんど一人で敢然と立ち向かい、最後には勝利する姿は、今の日本にいる軟弱な草食系男子たちは大いに見習うべきであろう。とにかくたくましく勇敢な女性である。そして美人でもあった。 一方の変質者ハントはと言えば、その本質の裏の顔は狂人であるが、表の顔はとても金持ちの紳士と言う設定であった。とにかく頭のおかしな人間なのであるから、合理的な理由だどはないのかもしれないが、何故、あそこまで、凶暴になるのかの理由はよくわからなかった。ターナー巡査を好きなわけでもないのに、彼女を誘惑しておきながら、彼女に、自分がやっている殺人の罪を着せるようなっ行動をしていた。ターナーが初仕事で、銃を持った強盗犯を撃ち殺すところを見て触発されて、それから連続殺人をするようになると言う設定の理由がよくわからなかった。もちろん、狂人だから、まともな説明はつかないのであると言えばそれまでであるが。

  • しおびしきゅう

    3.0

    ブルースチール=拳銃のことらしい!

    BSテレ東『シネマクラッシュ』で鑑賞! 2021年10月25日(月)放送分を録画で! オイラが2021年に観た、321本目の映画! 警官になったばかりの女性警察官メーガン! 先輩警察官と一緒にパトロール中に入った店で、通りの向かいの店に拳銃強盗がいるのを発見する! 先輩はトイレの中、メーガンは1人で向かいの店に潜入し、自分に銃を向けた犯人を弾がなくなるまで撃ちまくる! ところが、犯人の銃は誰かが持ち去ってしまい、メーガンは銃を持たない犯人を撃ち殺したことになり、停職処分を受ける! 銃を持ち去った奴は、街で何の関係もない人間を撃ち殺す一方、メーガンに近付いて付き合い始めてしまう! さあ、一体どうなる?って感じだが! メーガンやってる女優さんが、オイラには全然美人に見えないことや、その行動が共感できないものだったり、何の罪もない人が殺されてしまったり、楽しくない要素がたくさんあって、面白くないと感じてしまう! 登場人物がホンダのシビックに乗っていたり、HITACHIのネオンサインが映ったり、この頃の映画にありがちな?日本がチラチラするのは愉快だけどね! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブルースチール

原題
BLUE STEEL

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル