ここから本文です

上映中

ブルース・リー/死亡遊戯 (1978)

死亡遊戯/GAME OF DEATH

監督
ロバート・クローズ
  • みたいムービー 24
  • みたログ 909

3.24 / 評価:248件

人気俳優の死に思う

  • IPdigdog さん
  • 2020年7月21日 1時05分
  • 閲覧数 400
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作は、たぶん幼児期といっていいくらいの時期にテレビで観た記憶が部分的にある程度の作品で、実質初見だった。
当時、最後の南北楼での格闘家たちとの死闘、特に長身のハキムのインパクトがすごくて、恐怖感すら覚えながら見た記憶がかすかにある。かなわぬことだが、あの当時の感受性に戻って観てみたかった。

多くの芸能人やスポーツ選手をかかえるとあるマネージメントが、アクションスターのビリーに契約を迫る。ビリーは暴力組織でもあるその事務所に反抗したために、撮影中顔を撃たれるも一命をとりとめ、顔を隠し身を潜めて彼らと戦う、というストーリー。

このレビューを書いている時、日本でも現実に、引退を希望していた人気俳優の謎の自殺があったわけだが。。。

個人的な話になるが・・・映画を観る、ということは、日常で疑問に思っていることのヒントをくれる「天啓」になることがある。つまり、不思議なくらいに、観るべきタイミングで、観るべき内容の映画が現れるのだ。
なので、理由ははっきりせずとも、何かの映画を観たいと直感したら、それをすぐ観るべきだと思っている。そして、そのストーリーの中に、今の自分自身や周囲の状況と直接関係あることが含まれていると読み解く力も必要だ。
それが、単なる知識と知恵の違いでもある。
ある種のオカルト話なので、信じるか信じないかはあなた次第である。

もちろん、アミューズがそういう怖い事務所だと言っているわけではない。
僕は、そんなことを言っているわけではないです。
決して言ってないです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ