ここから本文です

ブルース・リー/電光石火 (1966)

THE GREEN HONET: FURY OF THE DRAGON

監督
ウィリアム・ボーダイン
  • みたいムービー 1
  • みたログ 41

2.29 / 評価:14件

第二次ブーム作品、第2弾!

  • bru******** さん
  • 2018年6月10日 18時18分
  • 閲覧数 355
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 「死亡遊戯」が予想以上の大ヒットなったため、配給の東宝東和はそのブーム下での第二の作品をTV「グリーン・ホーネット」の劇場版第二作に白羽の矢を立てる。それが今作「電光石火」。
 内容やアクション・シーンでは劇場版第1作には及ばないものの、今作ではオリジナルのアニメ・オープニングやテーマ曲を配し、日本公開時にはリーのアクション・シーンには怪鳥音を被せて「カンフー映画スター・ブルース・リー」を強調。ブルー・フィルター処理で昼間のシーンをナイト・シーンにするなどして様々な効果を上げた。
 オリジナル米国版よりも日本初公開版のソフト化を熱望!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ