ここから本文です

ブルー・ハワイ (1961)

BLUE HAWAII

監督
ノーマン・タウログ
  • みたいムービー 4
  • みたログ 44

4.00 / 評価:13件

寝正月・DVD三昧 その⑨

子供の頃、「ハワイ」といえば、父親にたまに連れて行ってもらう、当時最新の「サウナハワイ」でした。

その頃は「ハワイ」が実在の地名とも知らなかったとは思いますが、それでも聞きなれないやたら「耳障りのよい」ハワイアンが流れ、窯のような1分も居れないサウナに入り、少し大人気分になり、その後に飲むやたら甘かった「パイナップルジュース」(缶詰をミキサーした物)を思い出しました。

肝心の映画ですが、今観ても当時の素晴らしい「ハワイ」が満載です。

今は観光地となってしまった「ハナウマ・ベイ」も映画ではあくまでも碧く、美しいハワイそのものです。

この作品が、日本人がこれほどハワイに押しかける一因になったとも言えると思います。

白人であるエルビスではありますが、私は彼の作品ではこれが一番好きですし、彼の声や歌もこの作品が一番あっていると思います。

ハナウマベイで地元の青年たち(日系人イトー?が愛嬌です)と戯れながら歌う「アロハオエ」等を歌うシーンが最高に好きな場面です。

また、実際に見たことのあるカウアイでの「トーチライトセレモニー」も幻想的で印象に残っています。

私たち日本人にとって(特に私の年代?)ハワイは単なるリゾートの地名では無く、「憧れ」や「夢」そのものだと思います。

また、カッコよく現れ、あっという間に去って行ったエルビスも同じだったのではないでしょうか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ