ここから本文です

ブルジョワジーの秘かな愉しみ (1972)

LE CHARME DISCRET DE LA BOURGEOISIE/THE DISCREET CHARM OF THE BOURGEOISIE

監督
ルイス・ブニュエル
  • みたいムービー 28
  • みたログ 176

3.90 / 評価:49件

  • ほつれ さん
  • 2021年1月8日 18時46分
  • 閲覧数 52
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

耐えられない退屈さ。もう感想はそれだけです。

存在感の無さ、境界の無さ、無意味、不条理、ナンセンス、シュールレアリズムを描いたのかもしれないが、それにしてもそうだとしても、盛り上がりがなく退屈で我慢するしかない映画は映画として落第です。

舞台劇をそのまま撮影したかのような等距離で平行なカメラ。
繋がらない会話、起伏がない、臨場感がない、主人公がいない、誰にも入り込めない。
美女の無駄遣い。
関連性のよくわからない展開。
あら夢ですか。どうせこれも夢なんでしょ。やっぱり夢。
ストーリーの分断を演出するために夢を多用。安直すぎる。

私の苦手とするヨーロッパ映画の典型。

解説好きのマニアのための映画。

まとめ:昔の映画

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ