ここから本文です

イルカの日 (1973)

THE DAY OF THE DOLPHIN

監督
マイク・ニコルズ
  • みたいムービー 17
  • みたログ 137

3.71 / 評価:52件

人とイルカの信頼と絆

  • 一人旅 さん
  • 2020年7月21日 21時42分
  • 閲覧数 271
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

マイク・ニコルズ監督作。

フランスの作家:ロベール・メルルによる1967年発表のSFサスペンス小説「イルカの日」をマイク・ニコルズ監督が映画化した作品で、名優:ジョージ・C・スコットがイルカ研究に人生を捧げる学者を力演しています。

イルカとのコミュニケーションを研究している海洋動物学者が、知能の高いイルカを利用して大統領暗殺を企てている財団の陰謀に対峙していく様子を描いたサスペンスで、人間の言葉を理解し簡単な会話ができるようになったイルカを巡って、主人公を含めイルカ研究所のスタッフvs研究所に資金を提供している財団の悪漢達の攻防を描いています。

人間と会話ができる高い知能を誇るイルカを使って大統領暗殺を企てる―というサスペンスは少々飛躍的で現実味のないお話ではありますが、かと言ってギャグに陥ることなく真面目なサスペンスを実現しています。

健気なイルカを犯罪のために悪用する人間のエゴに嫌気が差しますが、本作は、主人公の海洋動物学者と“アルファ”と名付けられたイルカの種の違いを超越した信頼と絆をテーマとした作品となっていて、大事なイルカの命を守るための苦渋の決断が動物愛護の精神と別れの切なさに満ちた余韻を残しています。

そして、研究所で飼育されている2頭のイルカ(“アルファ”と“ベータ”)の円らな瞳と可愛らしい挙動に癒されっぱなしの動物愛玩映画として優れた佳作で、ジョージ・C・スコットのしゃがれた低音ボイスを聴き取れるイルカの頭脳は地味に凄いと思います(イルカの声は流石に人間による吹き替えですが…)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ