ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ブレードランナー (1982)

BLADE RUNNER

監督
リドリー・スコット
  • みたいムービー 492
  • みたログ 4,688

3.96 / 評価:2,064件

考えさせられるSF。

  • k_k***** さん
  • 2018年4月23日 1時01分
  • 閲覧数 1911
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

人間の存在意義とは何か。
環境を破壊し、地球に住めなくなれば宇宙を開発し、開発のためにレプリカントという奴隷を生み出し、そして、自分達が行ってきた様々な愚かな事柄を、(バッティの言葉を借りれば)すべて「涙のように」忘れ去る。

最初はブレードランナーを応援する気持ちで観ていたが、ラストのバッティの行動、そしてセリフによって、レプリカントの悲しみを知り、人間の身勝手さについて考えさせられた。
私達は、利便性を追求する前に、弊害や代償を理解しておく必要があるだろう。
今後のAI頼みの社会に向けて、すごく重要なメッセージのある映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ