ブロードウェイのダニー・ローズ
4.2

/ 36

36%
50%
14%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

コミカル15.9%笑える13.6%切ない13.6%楽しい11.4%知的9.1%

  • 一人旅

    4.0

    ダニー・ローズに乾杯!

    ウディ・アレン監督作。 芸能マネージャーを務めるダニー・ローズと室内装飾家ティナの恋模様を描いたコメディ。 ダニーとティナのユーモア溢れるやり取りが魅力的な作品だ。ダニーは自身が抱える芸人のことを第一に考える頑張り屋さんの仕事人間。一方のティナは口が悪く態度も悪い。対照的な二人がふとしたことから行動をともにすることになり、徐々に心を通わせていく。 主人公ダニー・ローズに扮したウディ・アレンのお喋りなキャラクターはいつも通りだが、ティナに扮したミア・ファローは意外性のあるキャラクターが新鮮だ。可愛らしいお顔は本作ではほとんど見せない。いつもサングラスをかけていて、ダニーに対し悪態をついたりする。サングラスを外した際に垣間見える素顔はやはり可愛らしい。 コミカルな演出も楽しい。マフィアに捕えられた二人が脱出を図ろうと悪戦苦闘する様子が面白く、ピンチな状況にも関わらずダニーが吐き出すユーモアたっぷりの発言に緊張感が緩む。人を信じるダニーだが、人はダニーを平気で裏切る。孤独なダニーが味わう哀しみが良く伝わってくるが、最終的には真心が通じる優しい結末が温かい。

  • a24********

    5.0

    ネタバレユーモラスで苦い「舞台裏喜劇」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • a_h********

    4.0

    のんきな映画

    感じよくまとまったドタバタ劇だった。 観客の予想を大きく裏切ることなく、物語はころころ転がってく。 ウディアレンの映画は、雰囲気のここちよさやセリフの楽しさを味わうことに重点がおかれていて、話の筋はそれを邪魔しないように意図的にシンプルにしているようなところがあると思う。 だから雰囲気にのれないとあまり面白くない。 で、ぼくは基本的にはこの雰囲気はきらいではないんだけど、彼の作品をたくさん観ているうちにちょっと飽きてきた。 ウディアレンがはじめて、というひとや、あの世界観がたまらなくすき、というひとなら観てもいいかもしれない。 それ以外のひとには、それほどの驚きもなく、ちょっと退屈するんじゃなかろうか。 蛇足だけど、ミアファローはそつなく派手な婦人を演じられていたけど、やっぱり気が細くて神経質そうなひとの役の方があうなと思う。

  • jph********

    5.0

    ネタバレウディ・アレンには珍しい人情噺

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rmd********

    5.0

    最後がいい

    裏切られて、縁を切ったと思った人が、ある日訪ねて来る。ダニーは帰ってくれと言う。しかし、帰ったその人を追いかける。そして、ある店の前で追いつく。二人は一緒にダニーの家へと向かう。その店がダニーローズについて語られることになる店。 許すってやっぱりいい行為だと当たり前ながらも感じる作品。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブロードウェイのダニー・ローズ

原題
BROADWAY DANNY ROSE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-