ここから本文です

ブローン・アウェイ/復讐の序曲 (1994)

BLOWN AWAY

監督
スティーヴン・ホプキンス
  • みたいムービー 26
  • みたログ 592

3.44 / 評価:178件

ああ、そうか、ケポスだったな!

テレビ東京『午後のロードショー』で鑑賞!
2021年2月8日(月)放送分を録画で!
今年オイラが観た145本目の映画!

冒頭、どこかの刑務所から、爆弾を手作りして脱獄した、ギャリティ(トミー・リー・ジョーンズ)!
昔、忍者は、ありあわせの材料を組み合わせて、爆薬を作ることができたと、白土三平の漫画で読んだことがあるが、そんな感じか?!
まあ、いろいろと、持ち込んでいたようだが!

変わって、アメリカはボストン!
爆弾処理班のジミーは、勇敢というか無謀というか、非番なのに、パソコンに仕掛けられた爆弾事件の現場に自ら入り込み、見事解除して、女子学生を救う!
だが過去に何かあったようで、白黒の映像が差し込まれ、建物の陰で密かに嘔吐する!

ジミーは現役から引退して、若い隊員の指導に着くことになったが、同僚だった爆弾処理班の隊員が、次次と爆弾事件で死んでいく!
後任のアントニー(フォレスト・ウィテカー)とともに現場検証しているうちに、元元爆弾処理班の隊員を狙って仕掛けられていたことに気付く!

犯人はギャリティで、ジミーとは過去に、アイルランド共和軍で爆弾の専門家として、一緒に活動していた仲間だった!
何だか知らないが、ジミーのミスかなんかで、誤爆が起こり、ギャリティの妹で、ジミーの恋人だった女性が死に、ギャリティだけが逮捕されて刑務所に入り、ジミーはアメリカに移住して、爆弾処理隊員になっていたのだった!
ギャリティは復讐の鬼となって、脱獄してアメリカに渡って来たのだ!
あ、でも、ボストンに来て、たまたまテレビでジミーを見たと言ってたね!
最初は復讐する為に来た訳ではないのかな!

ギャリティの爆弾の仕掛けは、多種多様に渡り、ピタゴラスイッチ的な仕掛けの物もある!
その仕掛けと、解除しようとするジミーの緊張感は、詳細はわからないながらも、結構ドキドキする!
爆発とは関係のない動きも、いかにも爆発しそうな見せ方、演出は、緊張感を持続させ、なかなか疲れるかも知れない!
間に合わなくて、何人も犠牲者が出るが、一見まともそうに見えるが狂気をはらんだトミー・リー・ジョーンズの演技が見事だといえよう!

映画って素晴らしい!

そいつぁよかった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ