ここから本文です

ブロス/やつらはときどき帰ってくる (1991)

SOMETIMES THEY COME BACK

監督
トム・マクローリン
  • みたいムービー 8
  • みたログ 43

3.35 / 評価:17件

家族愛には弱いので

  • むびず_えぬぴー さん
  • 2009年3月17日 6時36分
  • 閲覧数 766
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 仲の良い兄弟。彼等はいつも一緒だった。
 あの日あのトンネルに入るまでは・・・・・・。

 長い年月を経て、ジミーは家族と共に
辛い思い出の残る故郷に戻る。
 それは教師の職に就く為であり、やんちゃな生徒達に
手を焼きながらも日々は過ぎていった。

 そんなある日、クラスに編入してきた少年を見て
彼は驚く。そこに立っていたのは、あの日トンネルの中で
兄を殺した少年とそっくりな男だった・・・・・・。


 -------------------

 スティーブン・キングの原作をTV映画として映像化した本作。

 物語は概ね原作通りですが、当然尺に合わせた肉付けは
なされています。
 
 ではその肉付け部分が一体何かと言えば「家族愛」で
私自身もそういったものに弱いクチなので、
原作の引き伸ばし方としては好印象です。

 といっても無駄に説明的な付け足しとしなかったので
原作の持つ「日常の中にやってきた非日常」という雰囲気は
壊れる事無く描かれています。

 もちろんかっちり決まった感動作ではないので、冷静に見れば
本作の家族愛など安っぽい感動だと捉える人がいたとしても
おかしくはありません。

 けれどそのお陰で、大分後味が良くなっているので
気軽に観るには丁度良いのではないでしょうか。
 
 また、それに合わせて魔術的要素を割愛したのは
個人的に正解でした。
(続編では悪い形で復活しますが)

 物語以外に目を向けると、ふてぶてしい不良達の
特殊メイクも悪くない出来ですし、ド派手とはいかないまでも
カーアクションを盛り込んで飽きさせない様に頑張っています。

 とはいえ本作でお腹いっぱいになるには
ちょっと物足り無いというのが本音なのですが。

 けれど及第点は獲得している作品だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ