ここから本文です

プロデューサーズ (1968)

THE PRODUCERS

監督
メル・ブルックス
  • みたいムービー 18
  • みたログ 85

3.40 / 評価:20件

メル・ブルックスの記念すべき初監督作品

  • 一人旅 さん
  • 2015年12月20日 20時26分
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

メル・ブルックス監督作。

最低の舞台劇を製作し、その製作費から損失を差し引いた額の儲けを得ようと奮闘する演劇プロデューサーと相棒の会計士の姿を描いたコメディ。
コメディ映画の名匠、メル・ブルックスの記念すべき初監督作品で、捻りの利いた脚本が魅力的だ。最低の劇を作るために最低の脚本、最低の演出家、最低の役者を揃える。無数に積まれた脚本候補の中から“これはずば抜けてつまらない!”と思えるモノを探し出す様子が可笑しい。「朝起きたら巨大なゴキブリに変身していた・・・」というくだらな過ぎる冒頭で始まる脚本を“これは面白いから却下だな”と投げ捨ててしまう場面も面白い。脚本家も演出家も役者もクセの強過ぎるキャラクターばかり。脚本家はヒトラー崇拝者だし、演出家は女装趣味のおじさんだし、役者も頭が軽くいっちゃってる。そんな変人たちが手掛ける劇がつまらないはずもなく、肝心の演劇シーンでは思わず笑ってしまうようなシュールでぶっ飛んだ演出に溢れている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ