プロムナイト

PROM NIGHT

93
プロムナイト
2.6

/ 58

0%
10%
43%
41%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(14件)


  • ocy********

    3.0

    ジェイミー・リー・カーティスがいい

    今見返すと、皆スイート・シックスティーンにしてはとうがたってるし、服もおじさんおばさん臭いのだが、サタデー・ナイト・フィーバーと同年代なので、あれがイケてるファッションなんだろう。プロムのシーンなどもそんな感じだし。 カーティスさんは一般的な美人からは外れるけど、中性的な魅力があり、時にはすごくセクシーでもあるという不思議な人。スタイル抜群でジーンズに白シャツみたいなシンプルな格好がよく似合う。ひらひらドレスはあんまり…。 ホラー部分は後ろ三分の一くらいだし、昔の作品だからぬるいが、襲われる子たちが結構反撃してるのが面白かった。わかりきった展開なので、ながら見でいいかも。

  • ugp********

    4.0

    当時は傑作の評価だったと記憶

    初見は若い頃に「ホラー&スプラッター」ブームがあり、その一連で観賞。 ところどころで流れのだるい?面はあるものの、王道的な作り方で、特にラストはエンディング曲の入り方まで含めて、かなり秀逸な仕上がりかと。 今どきのスピーディー、かつ凄惨さに溢れた作品と比べるのは、さすがに酷だが、この作品と「血のバレンタイン」はクラシックホラー好きなら、観ておいた方がいいかな。

  • tatitukusumaegam

    3.0

    こりゃあかんわ…

    【感想】 プロムが出てくるホラー映画というと私はキャリーを先に観てしまったせいか、こちらの映画の存在すら知らず…。スクリームという映画で初めてこの映画を知ったくらいの素人が失礼します…汗 ----------- 良かった点 ・……曲。プロムでかかっていた曲。ディスコミュージック? で合ってるかアレですが、サタデー・ナイト・フィーバー感があって良かったです。ノリノリになれる素敵な曲多し。ただ、どうせならあの疾走感で黒人に本気で踊ってほしかったかな…激しくてダイナミックな黒人のダンスが観たかった…時代的にムリか…?(またディスコミュージックの歴史や推移が無知なので感覚で失礼します…。) ----------- ラストは、珍しく予想がつくラストでした。ただ、あの人じゃなく別の人だと思ってましたが、…そうなるよね、という感想でした…。 ズーンとくるラストが観たい方は……いえ、やはりオススメしません…。観た後、自分はため息つきながら落ち込みました…。 (´-ω-`)コリャ アカンワ…

  • Cakewalk

    2.0

    うーん、、、

    ん〜なんかイマイチ盛り上がりに欠ける内容だったなあ。 今作ではレスリー・ニールセンは笑なしのシリアス演技だったな。 そーいえばNature callってトイレに行くって意味だったよね。笑 今作で思い出した。

  • lvt********

    2.0

    ネタバレ見ぃ〜つけた!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • arl********

    2.0

    つまらない映画

    つまらない映画だった。 まじめなレスリーニールセンを初めて見た。

  • 一人旅

    3.0

    血みどろプロムにようこそ

    ポール・リンチ監督作。 ジェイミー・リー・カーティス主演のカナダ産学園ホラーで、その後シリーズ化され第4作まで製作されています。2008年にはリメイクも作られました。 高校のプロムの夜に謎の覆面殺人鬼が生徒達を刃物で惨殺していくという王道的展開のスプラッターホラーで、6年前に起きた少女転落死事件が連続殺人の真相を紐解くヒントとなっていきます。 プロムを舞台に繰り広げられる殺人鬼による凶行の顛末を、血みどろショッキングな殺人描写と共に描いた作品であり、“殺人鬼の正体は誰なのか”―という犯人捜しミステリーとしても興味津々な学園青春ホラーの佳作であります。走行する車上での取っ組み合いや暗がりの教室での息を潜めたかくれんぼ等、ハラハラさせるシーンが要所に盛り込まれていますし、お色気も忘れていません。 蛇足) 犯人の正体以上に、ジェイミー・リー・カーティスが撮影時22歳だったことの方が衝撃的です(20代には到底見えない…)。

  • b_o********

    4.0

    まあまあ

    まあまあおもしろかった。最後はちょっと悲しかったけど。まあでも最初のが意味わからんかったけどな。

  • swi********

    2.0

    現代では怖くない

    作りに時代を感じる 怖くない

  • oce********

    2.0

    のんびりしたホラー映画

    ホラークイーンのジェイミー・リー・カーティスが出ているのに、全く怖さがないという作品。 鬼ごっこで4人に詰め寄られた1人が事故で転落死する。 そこから6年後高校のプロムで殺人鬼による4人への復讐が始まる。 とにかく殺人までが長く、ダラダラした青春模様を延々と見せられる。 殺人が始まっても、この殺人鬼がまた弱い。 普通に女性の方が身長が高いだとか、全然迫力がない。 一応ラストに犯人とその動機は明かされるが、ここだけはせつない余韻を醸し出す。 だからこそ演出面をどうにかすべきだった。

  • hir********

    3.0

    レスリー・ニールセンが、フザけてない!

    お早う御座います。 なんとなく「二度寝」しちゃいました。 なんかもう・・・ソーメンしか食いたくない・・・・昔「鬼畜大宴会」って映画で、 美味そうにソーメン食ってるシーンが、あったなぁ・・・ ・・・・と、言う事で「梅雨のムシ暑さを吹っ飛ばせ!」と、ばかりに 久し振りに、あの「首チョンパ」シーンでも観て、スカッとするかと、 物置きから、引っ張り出して来ました「プロムナイト」 これ2が、1番面白い。でも、そっちは投稿済みなんで、 レスリーの出ている1の方ですな・・・ 「殺人封印映画」に、姿を見せて「ホラー」を熱く語っていたポール・リンチ監督。 この人、イギリスのリヴァプール出身、ビートルズなんですな。 だから、アメリカ映画の感性も持ちつつ、独特のゴシック臭もある。 基本、職人監督です、労働者階級ですから「ヤレルことは何でもヤリます」 「ハードネス」みたいなアクションも撮るし、 ホッパーとアルジェントの娘が共演した「ザ・キーパー」みたいな「変態もの」もヤリます! (ちなみに、このコンビは、「ランド・オブ・ザ・デッド」でも組んでる) 最近だとグリズリー・プラネットという、どっかぁ~~ん系も、監督してます。 まぁ・・・出会わなくても、別に「損」の無い・・・そんな監督さんだが、 俺、この監督の「ギャグなのか?本気なのか?」解からない具合が、大好き!! 1個1個、数え上げてたらキリないんだけど、 たとえば、斧で切断された首が、ゴロゴロ転がって行って、 舞台裏からステージまで転がって、丁度いい場所に、丁度よく、「首が立つ」んだよ! 俺、もう、コレ最初、テレビで観た時、大爆笑して婆ちゃんに怒られた・・・ 「ナニが出るかな、ナニが出るかな?」口づさんじゃうよ。 さて、「映画」の方はと、言うとスラッシャーものと学園ものの合体サスペンス。 「ホラー」というほど、「恐怖」は感じません。 名前の通り、ガキどものリンチシーンから始まり、 そのリンチに関わった4人のガキが、6年後、片っ端からぶっ殺されます。 「因果応報」なので、「不条理」な怖さはありません。 じゃ、俺が爆笑したシーンを、もう一つ・・・ 犯人の斧男が、プロムの夜に、4人に「復讐予告」の電話を入れるシーン。 最初の二人は、普通に脅えて、外を見まわしたり、ベッドで頭抱えたりして、 それなりの「手応え」があるんですよ。 でも、3人目・・・・・電話が鳴ってるのに、出ないんですよ・・・そのまま外出。 相手にされない犯人は「煮え煮え」になって、受話器を叩きつける・・・ このシーン・・・・「振り」があるだけに、完全にギャグ化してます。 4人目なんて、「剣もほろろ」で、マスクの下で、犯人涙ぐんでんだろうなぁ・・・と、 殺人鬼が、「可哀そう」に思えてくるくらい。 これ、マジで撮ってたとしたら、「笑いの天才」だよね。 ポール・リンチって、どの作品でも、必ず1回は「大爆笑」させてくれる。 しかも、それが「狙ってなさそう」なのが、また凄いのだ・・・ 案外、レスリーも「狙っての」配役だったりして・・・・

  • xxs********

    4.0

    学園ホラーの先駆け

    『スクリーム』の もとネタにもなった 学園若者ホラーの代表作。 話は 王道的といえばそうだけど 犯人探しをしながら見るのも楽しいし 悲しい結末も 胸を打たれるし 私の中では 名作です。

  • cav********

    2.0

    よくあるティーンエイジャー殺戮もの

    「悪魔のいけにえ」「ハロウィン」「13日の金曜日」に代表されるよくあるティーンエイジャー殺戮ものです。 上記作品と違うのは、殺人鬼が精神異常者ではなく一応理由があり、犯人探しの要素があり、さらに「キャリー」「デビルスピーク」のように学校を舞台としているところでしょうか。 スプラッター的見所は控えめですが、劇場公開ホラー作品、“スクリーミング・クイーン”ジェイミー・リー・カーティス作品、まじめな”裸の銃を持つ”レスリー・ニールセン出演を押さえる意味では必見です。

  • 石井隼人

    3.0

    正統派スラッシャー

    なのにこの後に続く続編たちはオカルトチックに・・。 シリアス俳優時代のレスリー・ニールセン出演。 リメイクも決定したそうです。

1 ページ/1 ページ中