ここから本文です

ヘアー (1979)

HAIR

監督
ミロス・フォアマン
  • みたいムービー 21
  • みたログ 143

3.70 / 評価:44件

ピークの序盤から失速。ラストも説得力無し

  • エル・オレンス さん
  • 2021年5月23日 23時10分
  • 閲覧数 79
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ミロス・フォアマン監督の2大名作、『カッコーの巣の上で』(1979)と『アマデウス』(1982)の間に製作された本作。

序盤のロードムービー的な演出〜『輝く星座(アクエリアス)』のパフォーマンス辺りは掴みバッチリだったものの、その後はイマイチ盛り上がりに欠ける印象。

ヒッピー文化全盛の60年代後半に上演された舞台版に比べて10年ほど経てから作られたのも、遅れ感が否めないです。(アメリカン・ニュー・シネマも終焉してるし)

多くの墓を前に反戦を訴えるラストシーンも、散々好き勝手に行動してきた彼らが訴えたところで説得力無いです(苦笑)

前年『ディア・ハンター』(1978)でブレイクしたジョン・サヴェージが主役なのも、あまりパッとしなくて微妙。一番魅力的だったのはビヴァリー・ダンジェロですね。グラマラスな麗しさが最高でした。



=================================

★1979年ゴールデングローブ賞【ミュージカル/コメディ】 作品賞ノミネート

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 不思議
  • 勇敢
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ