ペギー・スーの結婚

PEGGY SUE GOT MARRIED

103
ペギー・スーの結婚
3.1

/ 210

8%
26%
45%
15%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(41件)

ロマンチック15.5%楽しい15.5%ファンタジー11.9%切ない11.9%かわいい9.5%

  • ジュディー

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    ~2015年まで約数年「発達障害」として治療を都内の某病院にて受けていた。 転院して「成育歴に関する聴取もなく」「診断に結びつく質問もされず」誤診を受けた。 (この辺に関しての詳細はまた後程書きます) 今回このブログを書いている理由は「悔しくって夜も眠れない」 こちらが訴えている(6年も・・・)概要を知りもしない人間が先日来た。 「居合わせていない、居合わせた職員に話も聞いていない、確認も取っていない」 とした上で言い返された。 根拠は「想像」(「居合わせていない、居合わせた職員に話も聞いていない、確認も取っていない」訳ですから) 想像を元にして「強気」に言い返してきた・・・そりゃ「更生施設けやき荘職員」は「入居者かつての入居者」を「生身の人間」とも認識していない訳だからこのような事をするのに躊躇がない。 想像を元に(こちらの名誉を傷つけるような類の)ペラペラ反論してきた。 こちらは「怒り」と「悔しさ」で震える程の思いだった。 続きですが 「誤診を受けた」というところまで説明したがその状況で「自宅退去」となった。 猫を知り合いに預けて「一刻も早く猫の為に一人暮らししなければ」との思いを抱いて入居した。 入居時のしおりに「部屋内で携帯で話すのは禁止」と書かれていたが「入居したら」早速「オバサン」がずーっとガラケーで話している。 自分は「集団生活なのだから」と耐えた。 翌日「食堂に日焼け止めを塗ってきて不愉快だと他の入居者が言っている」と30代の男の職員から言われた。 習慣ですし、個人の自由の領域だと思いましたが「耐えました」 その翌日 「食堂にハンドクリームを塗ってきて壁に手を触れた際ハンドクリームが壁について不愉快と他の入居者が言っている」と職員に言われた。 「自分の手」を凝視していなければ気がつかない注意で「困っているから」というより「難癖」だと感じた。 そのような事を言われたから「食堂に手袋をはめていった」(壁にハンドクリームがついて不愉快と言われたので「ハンドクリーム」自体は「習慣」ですから辞められません) そうしたら数時間後 「手袋が不衛生で耐え難かった、と他の入居者が言っている」と言われた。 「この間」も「違反行為」の「部屋内で携帯で話す」を行っているオバサンが居たが自分は耐えていたし「他の入居者」は「注意するとうるさそうなオバサン」という理由からだと思うが黙っていた。 その為「自分に対しての過剰な注意」は余計理不尽に感じられた。 このあたりで「入居者の誰か」が「食堂の皿に日焼け止めを垂らした」(自分が)と告げ口をしたようだ。 自分に対しては「診断名」が原因で「やったか、やらなかったか」さえ聞かれなかった。 (実際はやっていない、皿はすぐ片づけて確認も取っていない筈「軽度と診断されている入居者」の発言を裏付けも取らず「軽度だから」という理由で信じたようだ) (居合わせていなかった先日来た職員が「診断名では判断していない」と言っていたが「2016年」に自分にこのような対応をした「職員」の「頭の中」がどうして「同じけやき荘に勤務しているとは言え話した事もない「先日来た職員」が知っているのか) 聞かれなかったが(やったか、やらないか)後で「カルテ開示」をした際に書いてあったし「警察で恫喝を受けた際」刑事が言っていた(警察で刑事から「てめーが施設内でルール違反したんだろ」「おめーが食堂の皿に日焼け止めを垂らしたそうじゃーねーか」と怒鳴りつけられました) 翌日30代の男の職員から 「袖が長いと他の入居者から苦情があった」と言われて 自分は「日本人の平均的な腕の長さ」でそこらで売っている既製服を着ている訳だから 「注意するほど長い袖」ではなかったのに、とにかく執拗な注意。 おそらく「注意してくれと伝えてきた「他の入居者」というのは同一人物で自分が入居してきた時 「日焼け止めを塗ったり服装も汚くない(生活保護受給者が入居する施設な訳だから)ムカツク」とこのような考えを抱いたのではないか、と想像するしかない。 このあたりで職員に 「聞いたところで改善できないような類の難癖としか取れない注意は聞くだけ不快なので辞めてください」と伝えた。 「ヘラヘラと笑って」取り合ってさえくれなかった。 翌日 「咳がうるさいと他の入居者が言っている」と言われた。 (当時内科疾患を患っていて止められなかった) これらの出来事の「結果」怒ってしまったところ「錯乱」として警察を呼ばれた。 この時「警察を呼んだ職員」はこの「ヘラヘラと笑って取り合ってくれなかった人物」でこのように自分が訴えた事と「怒った事」の間に「因果関係」がないと決めつけたようだ。 「決めつけた根拠」は「入居時(自分が)見た病名の欄にあった病名」だと思う。 (数日居ただけで「自分の人となり」など知らない、という事は、そういう事としか思えない。 前述したように「入居時」誤診を受けていた。 そして「警察」で「おめーが皿に日焼け止めを垂らしたそうじゃねーか」と怒鳴りつけられた、という事は実際は「皿に日焼け止め」は垂らしていないし、しかも「この件」とあまり関係がないような気がするのにわざわざ「皿に日焼け止めを垂らした」エピソードだけ「警察に伝える」というのは、おそらく「如何にも「おかしく」思われるエピソードを伝えれば、「言い分も聞かず」警察を呼んだ事を正当化できる・・・ま、「如何にもおかしく」どころか「こんなところ入居している人間」なんぞ「鬱病も含めて」狂人だもんな」こういう考えの人物だった(なにせこちらが「辞めてください」と言っているのにヘラヘラと笑って取り合ってさえくれない訳だから) 「警察を呼ばれた時」居合わせた他の入居者に 「バカ」「ブス」等の罵声を浴びたが(その「罵声」に対しての「怒り」も全て「錯乱」と見えていたよう「罵声を浴びている事実」は視界に入っていなかった。 「聞いたところで改善の余地もないような難癖であれば聞くだけ苦痛なので伝えないでください」と自分が訴えたのに「ヘラヘラと笑って取り合ってくれなかった職員」と「警察を呼んだ職員」は同一人物で「聞いたところで改善の余地もないような難癖であれば聞くだけ苦痛なので伝えないでください」とこちらが訴えているのにこのような対応をしたり「罵声を浴びている事」が視界に入っていなかったり、おそらくこの職員は「発達障害」だと思う。 西落合更生施設けやき荘の電話番号03-3953-8551 社会福祉法人 特別区人事・ 厚生事務組合社会福祉事業団 tswa-swc@beach.ocn.ne.jp 03-6666-1046

  • fiv********

    2.0

    興味があればどうぞレベル!

    バックトゥザフューチャー以来、現在も作られ続けている時空間を越える作品はSFの定番。 しかし、名作の翌年に制作されたとなると何かと比較され二番煎じと酷評されたのがこの作品。 前者はタイムトラベルを描いているのに対してこの作品はタイムリープを描いているので二番煎じと言う評価は当てはまらない。 しかし、過去の自分に戻った主人公ペギー・スーが全然若返ってないのに唖然とする。 相手役のニコラス・ケージにいたってはリーゼントのカツラをかぶっただけで、もう持ちネタのギャグだと思ってしまう。 こんなひどい演出をするのは誰かと調べてみるとなんと巨匠コッポラ監督。 そんな演出も最後まで観ると一応納得出来る結末に。 コメディとしては、ところどころ笑えるので興味があればどうぞ。

  • yos********

    4.0

    私はこういうのが好みなのだなと納得。

    BSで録画したものを視聴。 「今の記憶・知識を持ったまま過去へタイムスリップする」という使い古されたネタは、わかっていても見ててやっぱり面白いのだった。 で、公開時期と内容的にどうしても1985年公開の『BTTF』との比較というか、カテゴリーが同じなので横に並べて見てしまう。 とてもわかりやすいエンタメ大作の『BTTF』に対し、本作は女性の人生、恋愛、セックス、信仰、友情、家族と要素てんこもりにしたヒューマン・ドラマで、運命の紐がもつれ合った、後半の地下室でのやり取りは見ごたえがあった。 でもキャスリーン・ターナーもニコラス・ケイジも若作りしてもどうしてもおばさんとおっさんにしか見えず、それはたぶんそういう演出であり、その辺の素直でない作りというか、皮肉っぽい面も見てて楽しかった。 そう、この映画は内容面や作りの面よりも、「楽しい」という感想が大きい。 実にウルトラハッピーエンドで、ラストの鏡の隠喩とか鳥肌。 そして、最後にはペギー・スーがとびきりきれいに見えてくるのだった。 チャーリーはおっさん然としたままやけど。

  • cha********

    4.0

    うーん……

    途中まではわくわくしながら観てたました。 大人になってたくさんのことを知った大人の女性が、高校時代に戻ってその魅力を咲かせ、そしてそんな彼女の魅力に惹かれるクセのある男子たち…どんな未来になるんだろ!と期待してました。 そしたら未来は変わることなく、なんかすんなり落ち着くところに無理やり落ち着いた感があって、最後はがっかりしてしまいました…… 内容を理解しきれなかっただけなのかわかりませんが、一回観ての感想はラストが残念だった、そうそう思いました。

  • net********

    5.0

    じんわり

    あの時代へと戻り懐かしいひととき 夢と現実の間で 結婚という選択とその行く末 戻るべきところに帰結する安心の映画です コーヒーでも飲みながらゆったりと楽しんで下さい

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ペギー・スーの結婚

原題
PEGGY SUE GOT MARRIED

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-