ここから本文です

ベスト・キッド (1984)

THE MOMENT OF TRUTH/THE KARATE KID

監督
ジョン・G・アヴィルドセン
  • みたいムービー 70
  • みたログ 1,644

3.90 / 評価:423件

ワックス・オン、ワックス・オフ♪

  • 風の狩人 さん
  • 2020年8月19日 23時20分
  • 閲覧数 423
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ロッキー」の監督であるジョン・G・アヴィルドセン監督1984年制作作品。1985年の日本公開当時、映画館で観たが35年ぶりの鑑賞。
いじめられっ子がいじめっ子に打ち勝ち、恋人まで手に入れる青春サクセスストーリーの王道。

ダニエル・ラルーソー役のラルフ・マッチオが好青年を演じているんだけど、どうも空手の動きがヘッピリ腰でぎこちない。そのお蔭でハラハラドキドキ感はあるし、短期間で習得した設定だから、それはそれで説得力あるのかも。

ミヤギ役は最初、三船敏郎にオファーがあったそうだが、断られてノリユキ・パット・モリタになったそうだ。モリタのとぼけた感じがこの映画の色になってるので、モリタで良かった気がする。
途中だれまくるが、ラストで「鶴の舞」でダニエルが勝つシーンは爽快。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ