ここから本文です

ベニイ・グッドマン物語 (1955)

THE BENNY GOODMAN STORY

監督
ヴァレンタイン・デイヴィス
  • みたいムービー 8
  • みたログ 52

3.92 / 評価:13件

ジャズの世界への、入門導入書

  • 百兵映 さん
  • 2014年3月25日 14時47分
  • 閲覧数 519
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 私も音楽ファンの一人であるけど、非常に偏っていてクラシックのそれも古い方へ古い方へと傾いている。ジャズとかスィングといわれても、正確に何がどう違うのかさえ分からない。そういう“音痴”には非常に都合のいい入門映画であって、この際ストーリーはどうでもいい。

 同じような映画で、『グレンミラー物語』というのもあった。邦画では『ふたたび』というのも参考になった。というのは、クラシック以外にもいい音楽があることを知ったからだ。食わず嫌いの門外漢は、ジャズを演奏している人々の動きと表情で案内を受けることになる。結局のところ、ダンスなのだ。乗りなのだ。

 グッドマンの場合はクラリネットでモーツアルトもやってくれた。これでジャズへの道が広くなる。これに、クラリネットでのプロポーズなどという洒落た演出があるので、道はさらに広くなる。

 ジャズもまたいい音楽なのだ、…… と、そういう気分になりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ