ここから本文です

ヴェラクルス (1954)

VERA CRUZ

監督
ロバート・アルドリッチ
  • みたいムービー 18
  • みたログ 176

3.47 / 評価:62件

ゲーリー・クーパーとバート・ランカスター

  • hoshi595 さん
  • 2019年2月8日 1時16分
  • 閲覧数 883
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

何と言っても、二大スターの共演につきる映画。
舞台は南北戦争後のメキシコ。フランスの干渉もあって混乱時代のメキシコには金目当てのならず者達もアメリカから集まっていた。その中で本作品の主役であるベンとジョーが出会う事になる。

「真昼の決闘」でグレイス・ケリーと共演したゲイリー・クーパーは紳士的なガンマン。それに比べて「OK牧場の決斗」でカーク・ダグラスと共演したバート・ランカスターは誰も信用しない一匹狼。対照的な二人だがガンの腕前は一流という設定。革命軍や、政府軍にならず者が加わり何が起きても不思議でない状況である。

監督は、ジェームズ・スチュアート主演の「飛べ!フェニックス」やリー・マーヴィン主演の「特攻大作戦」を手掛けたロバート・アルドリッチ。共演では、アーネスト・ボーグナインやチャールズ・ブロンソンの顔も見られ、脇役とは言え存在感ある演技が見られる。

西部劇と言っても、時代背景や舞台が違うので本格的アメリカが舞台のものや、マカロニウエスタンとは違った出来になっている。共通点は頼れるのはガンであり、信用できるのは自分だけという事。そして、そういう時代を逞しく生きる男の魅力を、二人の大スターが演じてくれる。それだけで十分堪能できる作品に仕上がっている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ