ヘルナイト

HELL NIGHT

102
ヘルナイト
3.0

/ 26

4%
31%
42%
12%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(13件)

恐怖31.8%パニック22.7%不気味18.2%絶望的13.6%勇敢4.5%

  • ozj********

    4.0

    面白い️殺人鬼がモンスター️

    吹き替えで観ました、テレビで(笑)懐かしいな!人の家(館)に勝手に入り肝試し?ただの不法侵入(笑)ただその家の家族の悲劇、生き残ったはずの末子が今も生きてるのでは?という感じは怖いしその後からひとりひとり残虐に殺されていく…。やはり生きていた末子に。怪物と化していた末子に。アノ地下の洞窟は末子が作ったのか?わからないのは父親はなぜ末子だけ殺さなかったのか?家族を殺し自殺する前に。まずこれが謎。ずーっと空き家になっていたらしいが壊すか売るかすれば良かった。ラスト、主人公を残しそして誰もいなくなった(笑)でも私の中では悪魔の生け贄と並んで好きなホラーです。凄く怖かったしね!血のバレンタインも好き。ただラストが少し悲しく切ない。この作品は純粋なホラー。助かって良かったとしか言えない。

  • 一人旅

    3.0

    絶叫ヒロインはリンダ・ブレア

    トム・デ・シモーネ監督作。 古い屋敷で一夜を過ごすことになった大学生達を襲う恐怖を描いたホラー。 ジョン・カーペンター監督によるホラー映画の金字塔『ハロウィン』(78)の製作者:アーウィン・ヤブランスが、前年に全米公開され大ヒットした『13日の金曜日』(80)に続けと企画した80年代青春ホラーの佳作で、『エクソシスト』(73)で悪魔に憑りつかれた少女を弱冠14才で怪演したリンダ・ブレアが殺人鬼から逃げ惑うヒロインを絶叫混じりに力演しています。 大学の上級生からの命令で、12年前に一家心中事件が起こった古い屋敷で一夜を明かさなければならなくなった4人の新入生(&意地悪な上級生3人)が、屋敷に潜む猟奇的殺人鬼に次々襲われては命を落としていく様子を、舞台の大半を屋敷とその敷地周辺に絞って見せていく怪物ホラーで、青春真っ盛りの若い男女が外界から隔絶した場所で恐怖のどん底に突き落とされる―というオーソドックスな作劇がノスタルジックな味わいの恐怖映画となっています。 屋敷に潜む神出鬼没な殺人鬼(化け物)による無慈悲な殺戮シーンが見せ場で、80年代らしい少しマイルドなスプラッター描写と幽霊屋敷風ゴシックホラーが融合しています。頭部切断、心臓串刺しといった観客の視覚を直接刺激する血みどろ描写のみならず、半透明の幽霊が部屋に出現するシーンやカーペットの下から物体が徐々に浮かび上がってくるシーン等、静的な怪奇演出でもしっかり恐がらせてくれますし、なかなか全貌を見せない殺人鬼の神出鬼没性とフランケンシュタインの怪物をモチーフとした醜悪な造形が観客の不安と恐怖を煽っています。 今から約40年前に作られた大変古い映画なので本当の恐怖というものは味わえないですが、80年代ホラーブームの一翼を担った作品として意義の大きい青春ホラーであります。

  • よりより

    4.0

    話題性

    爆発的ヒットを飛ばしたエクソシストの子役、リンダ・ブレアの久しぶりの主演映画、しかもまたホラー。ということで、公開前から話題性はあったと思う。 とにかく、ぽっちゃりの丸顔のリンダ・ブレアがぎゃーぎゃー騒ぐ(笑) 内容はまぁ、ありきたりのホラーかな。 もう一捻りくらいは欲しいかも。 あと、あまり知られてないが、リンダ・ブレアの相手役が、ヴィンセント・ヴァン・パタンというイケメン俳優。テニスのプロ選手でもあったらしい。 他には「yesterday」という、こちらは感動ものの代表作もある。 したがってヘルナイトは、私的には、ホラーとイケメンを同時に楽しめる映画だ。

  • moc********

    4.0

    それなりにいいと思います

    「エクソシスト」のリンダ・ブレア主演のスラッシャー・ホラーです。 ストーリーは新入生歓迎の儀式の為曰くつきの屋敷で一夜を過ごすことになった若者四人が奇形の殺人鬼に襲われるという物で特に目新しい所もないですが、テンポが良く、盛り上げ方やビックリ演出も上手くて中々楽しめました。 最初の先輩達による脅かしも面白かったです。というか、学生が作ったにしてはあの仕掛けかなり良くできてる(笑) 殺人鬼の襲撃が始まってからはグロシーンは無いですが、ハラハラさせる演出は上手かったです。特にセスが門を乗り越えるシーンはかなりハラハラしました。また、殺人鬼が主人公達の後ろでカーペットを持ち上げて現れるシーンは初め気付かなくて気付いた時にはゾッとしました。終盤、唐突に生き残っていた兄弟のもう一人の殺人鬼が現れるくだりも中々です。 リンダ・ブレアは「エクソシスト」の時と比べるとぽっちゃりしてますが、スクリーミング・ヒロインとして頑張ってたと思います。ラストの虚ろな表情が印象的です。 すぐ死にそうなキャラのセスが結構活躍したのは意外でした。 ラストは最初の伏線上手く使ってましたね。 全体的にありきたりなスラッシャーといった感じですが、結構楽しめました。 血も出ないのでホラー初心者でも楽しめる作品ではないでしょうか。

  • tak********

    3.0

    お化け屋敷映画

    小学生の時に劇場で見たのですが、当時はお化け屋敷にでも行っている様な感覚で観ていたのを覚えています。 さて内容ですが、今時のようなCG満載で迫力ある映像などは全くありませんがストーリーは単純明快であれよあれよと進んでいくので観ていて疲れません。それなりにドキドキ、ハラハラもあります。 主役のリンダブレア以外の主要人物は皆イケメンで誰がどのように殺されるのかも見どころです。 残酷な描写は少なく少しエッチなシーンがあり80年代ホラー映画を感じられる作品だと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ヘルナイト

原題
HELL NIGHT

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル