レビュー一覧に戻る
ベン・ハー

ベン・ハー

BEN-HUR

240

エル・オレンス

5.0

全てにおいて完成度が高過ぎる!

当時窮地に追い込まれてたMGMが成功か倒産かのイチかバチかの大賭けに出て生まれた本作。 60年前の映画とは到底信じがたい映像美、舞台セット、撮影技術ですね!特にエキストラの数は気が遠くなるほど!? あまりにも有名な騎馬戦のシーンは、声を出さずにはいられないほどの大迫力です。現在のようにCGが一般化した映画界では、もうこのような映像を撮るのは無理でしょうね。 チャールトン・ヘストンの演技については、圧倒的にベン・ハーのヘストンが一番ハマリ役で、素敵です! ストーリー良し、役者良し、撮影良し、音楽良しと、文句なしの名作です! 上映時間は約3時間半とものすごく長いのですが、あっという間に終わっちゃいますよ! 『風と共に去りぬ』(1939)、『ベン・ハー』(1959)、『アラビアのロレンス』(1962)は、映画を語るうえで外せない歴史超大作トリオです! =================================== ★1959年アカデミー賞 11部門受賞 作品賞、監督賞、主演男優賞(チャールトン・ヘストン)、助演男優賞(ヒュー・グリフィス)、撮影賞、編集賞、作曲賞、衣装デザイン賞、美術賞、特殊効果賞、音響賞 ★1959年ゴールデングローブ賞【ドラマ】 3部門受賞  作品賞、監督賞、助演男優賞(スティーブン・ボイド)

閲覧数1,049