ここから本文です

砲艦サンパブロ (1966)

THE SAND PEBBLES

監督
ロバート・ワイズ
  • みたいムービー 22
  • みたログ 242

3.94 / 評価:63件

今も昔も一筋縄で行かない国、中国

  • marveloustacos さん
  • 2012年9月20日 17時16分
  • 閲覧数 704
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近(2012年9月)の尖閣を発端とした日中対立の様子を見ているうちに、本作品を再度見てみたいと思い観賞してみた。
この映画、1920年代の欧米日の侵略を受ける中国を描いているのだが、今の中国にも相通ずるものがある。
米海軍艦船へ大人数でデモを仕掛け、手出しできない米兵にゴミをぶつける中国人。
反感を持つ一方で、欧米人に寄生、おこぼれを頂戴する中国人。
欧米を困らせるためなら、同国人をも犠牲にする中国人。
政治的な弱味に付け込み欧米人を窮地に追い込む中国人。
「欧米」を「日本」に変えれば、昨今の尖閣に関して中国人、中国政府のやっていることと同じ。
小さな砲艦しか拠るべき所の無い、マックイーン演ずる主人公を始めとする米国人達は、混沌とし、一筋縄で行かない中国という国に飲み込まれるかのように翻弄されていく。
中国の変わらない本質を描いている映画だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ