暴走機関車

RUNAWAY TRAIN

111
暴走機関車
3.8

/ 159

23%
42%
30%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(34件)

絶望的14.0%勇敢13.2%パニック12.4%切ない12.4%恐怖10.9%

  • mas********

    4.0

    伝説のヒーロー!

    かなり前に観ました。 若い男が伝説の脱獄男に憧れて近づくのだけれど実際は想像とはかけ離れた身勝手な男。 だかラストはレジェンドに‥!

  • ech********

    4.0

    ボイト君の一番よい作品

    ボイト君は何となく坊ちゃん風なので、ハードな役をやっても何となく迫力不足ですが、この作品は初めて迫力満点でした。 アクション映画の佳作だと思って観ていたら、最後のシーンは結構泣きそうになりました。黒澤の原案よりも改訂したこっちの方がよいと思います。

  • ぽにょた

    5.0

    ネタバレこれまで見た中で最高の映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しおびしきゅう

    3.0

    原案:黒澤明!!

    『午後のロードショー』で鑑賞! 凄いね! 流石だね!! 世界のクロサワ!!! 主演のジョン・ヴォイトって気が付かなかったけど、ナショナル・トレジャーで、ニコラス・ケイジの父親役の人だったんだね! 年齢も違うけど、全然違って見えた! さてこの映画、極寒の雪の中を爆走する、四重連機関車の迫力が、凄い!! エンジンを繋ぐパイプを外すより、連結を外した方がいいんじゃないかと思ったけど、たぶんそれは、できなかったんだね。 最後にはできたけどね! 体中にグリスを塗って、ラップを巻く! 極寒の川に入っても、体温を奪われない為の方法! 勉強になります! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • ひさくん

    5.0

    娯楽要素以外のメッセージ性のある良質映画

    邦題 暴走機関車 確かに暴走する機関車に囚人2人が乗り込み、自由を求めて脱獄するストーリーですがメッセージ性の高い、ストーリーではないでしょうか。 囚人である主人公がと刑務所長との対決心をむき出しにする。 これも背景を思えばメッセージ性が感じ取れる。 人権無視で囚人を扱う刑務所長との対決心。 囚人仲間からは英雄、ヒーローと思われ親しまれている、主人公への信頼性。 自由を手に入れる為の執念。 便利さを優先しハイテクな鉄道運用管理システムに頼ったあげく、 想定外な状況に対応しきれない現実を突きつけられた開発者の鉄道管理マン。 などなど・・・。 本当に表したかったのは本来、人間は本能で生きる動物と変わらない感情も 持ち合わせている生き物である事。 理性を持つことができる人間であっても、 悪魔のように非情な心も持ち合わせるという意味では、一瞬で悪魔にもなれる。 紙一重なのではないか。 印象的なセリフがある。 誤って暴走機関車に眠り込んで乗ってしまった、女性鉄道マンと主人公との言い争いのセルフの中に印象的なセリフがある。 女性鉄道マン「卑怯者! 自分の代わりに他人を犠牲にするのね。あんた動物よ。」 主人公「いや 動物より悪い・・・人間だ。人間だ!」・・・。 興奮した感情が我に返った瞬間、全てを悟ったように・・・。 とにかく、ラストシーンを含めて意味深いストーリーと感じている。 是非、単なるエンターテイメント娯楽映画ではなく、表現したい意図を考えながら、観て頂きたいと思うような映画である。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第43回

男優賞(ドラマ)

基本情報


タイトル
暴走機関車

原題
RUNAWAY TRAIN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-