暴力教室

BLACKBOARD JUNGLE

101
暴力教室
3.7

/ 14

14%
57%
21%
0%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(4件)

知的100.0%

  • le_********

    5.0

    戦後米国の典型的不良と格闘する元軍人教師

    監督:リチャード・ブルックス、脚本・製作:パンドロ・S・バーマン、原作:エヴァン・ハンター、撮影:ラッセル・ハーラン、編集:フェリス・ウェブスター、音楽:チャールズ・ウォルコット、主演:グレン・フォード、1955年、101分、モノクロ、配給:メトロ・ゴールドウィン・メイヤー、原題:Blackboard Jungle リチャード・ダディエ(グレン・フォード)は、ニューヨークのとある高校に、国語(English)の教師として着任するが、そこは不良の巣窟のような学校で、教師全員が教育の進め方にほとほと手を焼いていた。ダディエの受け持つクラスも、英語がまともに話せないような不良の集団であり、グレゴリー・ミラー(シドニー・ポワチエ)と、アーティー・ウェスト(ヴィック・モロー)という二人の生徒がボス的な存在であった。まだマシなほうの生徒であるミラーをクラスのリーダーとすることで、クラスをまとめようとするが、女性教師が校舎内で襲われた件で、ダディエが犯人の生徒を殴って取り押さえたことで、ダディエはクラス全員の総スカンを喰らう。しかし、海軍軍人であり学校教育には未熟なところもあったとして、初心に戻り、ダディエは、音声記録装置(テープレコーダー)などを使った授業を試みていく。次第に、ミラーはダディエに協力的になるが、ウェストはいつまでも反抗的であった。・・・・・・ 有名な「ロック・アラウンド・ザ・クロック」とともにオープニングとなり、黒板に模した枠の中に、スタッフ名などが現われる。 監督は、後に、『カラマゾフの兄弟』(1957年)、『熱いトタン屋根の猫』(1958年)、『冷血』(1967年)などを撮るリチャード・ブルックス、ヴィック・モローは映画初出演、先日逝去したシドニー・ポワチエを一躍有名にした作品だ。 グレン・フォードは『ギルダ』(1946年)のイメージが強いが、その後、本作品や、先だってレヴューした『誘拐』(1956年)など正義感の強い正統派アメリカ男子を演じていくことになる。 戦後米国の典型的な不良生徒と誠実な元軍人である新任教師との格闘のようすを描いた作品だ。 いわゆる学校ものに特化したアメリカ映画としては異例の作品だが、ここに人種問題、戦後アメリカの教育問題、教育設備・教育機器・教育の機会均等などの課題が散りばめられている。校長は唯我独尊であり、校長室の隣にある事務室の事務員なども、文字通り実に事務的だ。 国語の教師とは、アメリカでは英語の教師ということになるが、ダディエが黒板に書く誤った英文を、生徒は誰一人正しく直すことができない。その程度のクラスで、しかも不良の集まるクラスを、どう立て直し運営していくか、クラスの担任としては腕の見せ所でもあるが、教育や教材にかかわる細やかな工夫や生徒一人ひとりとの対応にはあまり時間を割かず、一度流産を経験しているダディエ夫婦にもうすぐまた赤ん坊が生まれるが今度も無事に生まれるとは限らない、といったプライベートな話や、同僚への生徒の暴力を絡ませるなど、側面からダディエの心情の変化や決意のほどを表していく。 これが101分ほどの映画なのかと思うほど、あっという間に終盤を迎える。ほとんどが教室内での出来事であるにもかかわらず、観る側を飽きさせずに引っ張っていく牽引力はみごとだ。ドラマの起きるシーンは限られ、予算をさほど割かなくとも、実(じつ)のある映画は成立するという証明のような映画だ。ただ、テーマが絞られているだけに、こうしたテーマに関心がなければ、上出来の教科書のようなつまらない作品、と映ってしまうのだろう。

  • ech********

    4.0

    誰でも知ってるあの有名な曲

    が、この映画で有名になったとは知らなかった。 役者も演出もまずまずで、ほどよい時間にまとまっていて好感持てます。 主人公の先生の正義感をもう少し強調する演出が欲しいところです。 脚本は、適度に緩くて適度に厳しい最後のシーンのバランスがなかなか絶妙です。

  • mor********

    4.0

    懐かしい学園映画

    主題歌が有名です。教師に「十字砲火」のグレン・フォード 生徒に「野のユリ」のシドニー・ポワチエ、「危険なめぐりあい」の ビック・モローが出演しています。 シドニー・ポワチエ後年「いつも心に太陽を」で今度は教師役を 演じます。

  • どーもキューブ

    4.0

    リチャードブルックス監督、暴れた力の教室

    1955年作品、MGM提供、監督リチャードブルックス。主題歌「ロックアラウンドザクロック」ビル・ヘイリーとコメッツ。 再見したかったシリーズ。見たのはちょうど本作に登場したシドニーポワチエ主演「いつも心に太陽を」や日本人の理想の教師、坂本金八こと武田鉄矢の「三年B組金八先生」の第2シーズンにハマっていた頃。  ちなみに第2シーズンは、「腐ったミカンの方程式」で有名なシリーズ、沖田ひろゆきや伝説の不良「かとうまさる」の登場するシーズンです。 そんな時に「なんか、アメリカ映画でも教育教室物ってなんかないのかな?」と思って探していた矢先でした。 あまりにも直球タイトル、「公開時は上映中止!」のジャケット解説。 「ほんとかいな?」と思いながらもけど古いから大したことないんだろうなぁぐらいな気持ちで鑑賞。 いやいや、とっても素晴らしい学園物語だった思い出があったんです。ずーっとその思いをひきづりながら今回再見となりました。 主役の実直な人柄に魅了されていた事に気づきました。 彼が職業訓練高校に採用されます。クラスメートは、労働しながら通う様々な人種が集まる生徒。ここの設定にも強いシンパシーがありました。 いろんな人種、ひとつの教室、日本にない気質、習慣、そこに流れる「ある種の若さ」。 始業式から教師への反発、からかいにビビり気味。そんななか、主人公を揺らす暴れた力が襲いかかる。果たして結末は? とっても生徒達がリアルです。 様々な人種と境遇、徒党組む様、対立する教師と生徒。暴力が起きる唐突さ、それに対して翻弄される教師達。 生徒より先生側の受けの演技で魅せていきます。生徒のなかには、まだ駆け出しのシドニーポワチエ少年。のちに彼は同様に先生役になるんですが、運命ですかね。 本作は暴力に対して言葉でさとすような感じでは、ありません。 暴力教室の生徒達に対処し、自分達先生を変わっていくような気運が見られます。 最低限のマナーと学びに希望を託しています。 あのラストの楔のような言葉と決意の立ち姿、、。 主人公がとっても良かったです。 暴君生徒エマニュエル、のちの「ハリーとトント」をつくるポールマザースキー監督が出演しております。すばらしい悪童です。 上映時に混乱が起きたのは、 やはり、生徒の暴力が生々しい感じか? それともこんな奴いないよ!という反発だったんだろうか? 私はある種の若さの唐突な暴力がよく描かれているために誘発されたんじよないかと思いました。 暴力に立ち向かう先生達の一つ一つの戦いを魅せていく暴力教室。リチャードブルックス監督、暴れた力の教室。  是非ごらんください。大好きな教育青春映画のひとつでした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
暴力教室

原題
BLACKBOARD JUNGLE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル