ポカホンタス

POCAHONTAS

81
ポカホンタス
3.5

/ 296

21%
28%
36%
11%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(53件)

ロマンチック20.1%切ない18.7%勇敢10.1%泣ける9.4%悲しい7.2%

  • NewYork2011

    4.0

    悲恋の物語

    久しぶりにディズニープラスで見返しました。 史実との違いやキャラデザに批判があるようですが、私は好きな作品です。 ポカホンタスのキャラデザも先住民の特徴を活かしながら美しく描かれています。 特筆すべきは音楽、作画、演出の素晴らしさです。作中のアラン・メンケンの曲がどれも素晴らしく、初見は公開当時の映画館、サントラCDも買いましたが何年経っても心に残ります。作画もすごい。ポカホンタスの流れるような髪の毛、人物の表情の変化やセリフの呼吸に合わせて揺れる体。この頃まだセル画ですよね。すごい労力だったと思います。 物語はやや駆け足な部分はあるものの90分でうまくまとまっていると思います。 ジョン・スミスとポカホンタスの短い恋の描写があまりにロマンチックで(特に恋仲になってからのジョンのセリフは女性なら憧れるはず)だからこそラストシーンは涙涙です。

  • drm********

    3.0

    なっとく

    なるほど、ポカホンタスね。 映画と違うところでよく聞いた単語だが、なるほど。そういうことね。 うん、普通のラブストーリーだったかな? とくだん素晴らしいところは感じられず。 かわいいプリンセスというものから意思の強さを如実に表した新世代の女王といったところか? 正直、画は受け付けなかった。

  • o********

    3.0

    生きていてほしかった。

    この手の作品で 主要人物が死んでしまうと気になってしまう。 なんとなく無念。 他のディズニー作品と比べると キャラクター性も ストーリー性も弱く感じた。 音楽はさすがディズニー。 カラー・オブ・ザ・ウィンドが大好き。

  • tat********

    4.0

    絵もストーリーもいい

    アニメは平面的で質素な描写だが、それだけに細かく気を配って描かれている。線の一つひとつが丁寧に描かれている。侵略する側とされる側、それぞれの立場が表現されている。どちらが正しいか・・といったものを問うものではない。 重い内容だが、動物のずっこけキャラがそれを和らげている。 なんといっても、音楽がいい。 ーー 2021/02/16 7

  • おんぷ

    5.0

    ネタバレ尊い世界

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第53回

歌曲賞

アカデミー賞第68回

歌曲賞音楽賞(オリジナル・ミュージカル/コメディ)

基本情報


タイトル
ポカホンタス

原題
POCAHONTAS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-